インターネット経由でリアルタイムに地上波ラジオを聴けるIPサイマルラジオ「radiko.jp(ラジコ)」に、関東7局関西5局の計12局のラジオ局が新たに参加し、4月12日10時から実用化試験配信が開始されます。

新たに参加するラジオ局は関東(茨城放送、アール・エフ・ラジオ日本、エフエム栃木、ベイエフエム、エフエムナックファイブ、FMヨコハマ、FMぐんま)、関西(ラジオ関西、京都放送、和歌山放送、ラジオNIKKEI、兵庫エフエム放送)の12局。


radikoは現在、東日本大震災の緊急対応として11日までエリア制限が解除されていますが、12局が加わる12日からはまた元通りの地域別放送に戻ってしまいます。4月中に北海道地区、福岡地区での実験も始まるということで、北海道のFM局もradikoから聴けちゃうかも!! なんて淡い期待を描いていたわけですが、残念。

まあ緊急対応は地震の影響で得られる情報が限られてしまっている被災地に向けたサービスだったし、トラフィックが上がって大変だったようなので、ちらっと聴いて後は控えていましたが。エリア制限撤廃はradikoにおいてはまだまだお預けですね。

radiko.jp - Alfredcore Inc.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で