KDDIから28日、高速無線通信「WiMAX」、テザリング機能対応Android搭載スマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』と、Android 3.0搭載タブレット型端末『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』2機種が発表されました。発売日はいずれも2011年4月上旬以降の予定。


WiMAX機能は利用した月のみ月額525円が課金される仕組み。モバイルWi-Fiルーター機能(テザリング機能)は最大8台まで接続が可能。テザリングは、WiMAXだけではなく、CDMA 1X WINのネットワークでも可能だとか。まあCDMA 1X WINは通信量制限(月5GB)があるし、速度的にもあまり積極的に使うことは無いのではと思うけど。

「ISW11HT」のWiMAX+テザリングを使用することで、速度の出るエリアなら家でPCを使うときもこれまでのISP契約が不要になってくるのかな。すっきり便利になりますね。

そしてauからもようやく出た、タブレット型端末。Android 3.0搭載の『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』 、3Gに対応せず、Wi-Fiオンリー。外で通信したいときは無線LANスポットか「ISW11HT」のデザリングを使ってねと。タブレットは2台目需要も大きいだろうし、デザリング可能な端末が出てくるならWi-Fiのみでも問題無いんだろうね。

田中社長の「auらしさは、ワクワク感だと思っている」発言、今後もauから面白い提案が出てきそう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で