「iOS 4.2.1」にアップデート後、「Nike+ GPS」を使って走ろうとしたらランタイプを選択するところで強制終了されるようになりました。

途中で他のアプリを操作するとたまに止まってたりする気むずかしい彼ですが、Facebookと連携するようになってからちょくちょく使っています。やれやれ、また不具合かとまずは再起動してみたんだけど、さあ走るぞと僕がいくら気合いを入れても同じところで落ちちゃう。はぁ。


調べてみると、海外のNike+のフォーラムにiOS 4.2のベータ版の時点からクラッシュ報告があって、それによるとアプリの削除 & 再インストールをすることで解決したみたい。

そこで、アプリ内のこれまでのランデータが消えるのは残念だけど(ヒストリーもNike+公式と同期できたらいいのに)、一度iPhoneから削除して再びインストールしてみることにしました。勿論ランデータの同期は全てし終えたあとでね。

再インストール後、またプロフィールを入れ直してtwitterやfacebookのアカウントも入れて、さあ走るぞとStart a New Run。あ、ほんとだ。いつも通りの挙動で普通に読み込んでくれるようになりました。

「Nike+ iPod」もあるし、待っていればそのうち対応版がリリースされたりするんだろうけど、使いたいときに使えないっていうのは気持ちが悪いものです。直ってよかった。

同じ症状の方がいたら参考にしてみてください。

Nike+

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で