Nike+ iPodアプリの修正も含まれていた『iOS 4.1』のリリースから10日ほど経ちました。今回のアップデートで一番気になっていたのが、Nike+の修正だったので、アップデートしてから何度か走ってみて、iOS 4.0時に発生していた不具合が解消されているかどうか調べてみました(といってもほとんど普段通りに走っただけなんだけど)。


一応センサーは再認識させてからスタート。

  • iOS 4.0以前の履歴の消失(データは存在)
    iOS 4.0更新以前の履歴も表示されるように戻りました
  • 一時停止を繰り返した時の動作
    iOS 4.0では測定が再開されない不具合があったけれど、iOS 4.1では解消。きちんと一時停止、再開されるようになりました
  • 長時間一時停止してからの再開
    iOS 4.0では測定が再開されない不具合があったけれど、iOS 4.1では解消。信号待ち等で長時間停止することになってからの再開でも問題無く測定されます
  • Bluetooth利用時の動作
    これは僕がBluetoothのヘッドセッドを持っていないのでなんとも言えない。すいません。リリースノートでBluetooth の機能向上って書いてあるし、直ってるとみていいかな

その他、既に当ブログでも書いていますがiOS 4.1からは3G回線でランデータの送信、Nike+サイトの閲覧が可能になっていますね。いちいちコードに繋がなくていいのは楽でいいね。癖なのと充電のためにコード繋いでその時に同期しちゃうんだけどね。

Nike+GPSアプリも登場し、先日打ち上げられた衛星「みちびき」の目的がそのGPSの精度向上ということで、センサーと対応シューズが必要な本家の出番は今後徐々に減ってしまうかもしれないけれど、今はまだガンガン使おうと思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で