バッテリーが劣化した iPhone で、ユーザーに説明の無いまま意図的に性能を落としていた問題で謝罪と対応を発表したアップルが、「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて」として日本向けにも同様の発表を行いました。国内ではバッテリー交換費用が通常の8800円から5600円減額され、3200円で提供されます。

アップル、iPhone のバッテリー交換を3200円で提供

アップルが国内向けにも、iPhone のバッテリー劣化に伴う性能低下問題に関する謝罪と対応を発表。iPhone 6 以降の対象機種について、バッテリー交換費用を3200円に減額するなどの施策を発表しました。

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。

iOS の仕様からパフォーマンス低下の影響を受けるのは、iPhone 6 / 6s / SE / 7 シリーズですが、現行モデルの iPhone X / 8 も一応今回のバッテリー交換対象。ただし現行モデルは発売されてから日が浅いため、該当するような劣化はほぼないと思われます。

なお iPhone は購入から1年、もしくは Apple Care+ for iPhone に加入していると2年間は、バッテリー容量が80パーセント未満になった場合、無償でバッテリー交換が可能です。

アップルはバッテリー交換費用の減額に加えて、2018年初頭に iPhone のバッテリー状態を分かりやすく示す新機能を搭載した iOS の新バージョン提供をあわせて発表。さらに、顧客の体験をさらに良いものにするための取り組みを続けていくとしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で