『Pokémon GO (ポケモンGO)』にて9月1日より解禁された、ジョウト地方の伝説のポケモン「ライコウ」「エンテイ」「スイクン」。日本を含むアジア太平洋地域では、まずみずタイプの「スイクン」が出現していましたが、10月に入って出現ポケモンが入れ替わりました。アジアで10月に出現するのは「ライコウ」。すでにレイドバトルへの出現が確認されています。

ポケモンGO:10月は「ライコウ」がレイドバトルに出現

9月から世界各地で出現が確認された、ジョウト地方の伝説のポケモン「ライコウ」「エンテイ」「スイクン」の3体。日本ではまず「スイクン」が出現していましたが、10月は「ライコウ」がやってきました。つまり日本だと「エンテイ」は11月に登場。

ライコウ対策

レイドバトルで出現するライコウのCPは42932。個体値最高は1913。通常のレイドパス、もしくはプレミアムレイドパスがあればバトルに参加可能。制限時間は300秒(5分間)用意されているので、弱点を突いて何度もバトルに挑もう。

ライコウはでんきタイプのポケモンで、使用技はすべてでんきタイプ。じめんタイプのポケモンで挑めば被ダメージを軽減することができ、かつ「こうかはばつぐんだ」で大ダメージを与えることができます。

おすすめポケモンは「じしん」を覚え、被ダメージを半減させられる「ゴローニャ」や「サイドン」、「ドンファン」など。比較的集めやすいポケモンのなかでは「ニドクイン」や「ニドキング」が活躍してくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で