UQコミュニケーションズは31日、2017年9月1日より「WiMAX 2+」の下り最大速度を 558Mbps に向上すると発表しました。東名阪の一部エリアから利用可能になります。

「WiMAX 2+」は現在、「4×4 MIMO技術」と「キャリアアグリゲーション(CA)技術」を用いることで、下り最大 440Mbps を実現しています。これらの技術に加えて、一度に送信できるデータ量を増加できる256QAM変調方式を組み合わせることで下り最大558Mbpsの高速通信を実現したということです。

UQ によると、Wi-Fi ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」にて、下り最大558Mbpsを体験できます。

「Speed Wi-Fi NEXT W04」にて「ハイスピードモード」を利用する場合に、下りのデータ通信速度が最大558Mbpsとなります。また「ハイスピードプラスエリアモード」を利用する場合は、WiMAX 2+ と au 4G LTE のキャリアアグリゲーションにより、下り速度は最大 708Mbps になるということです。

提供エリアは、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部エリア。

下り最大440Mbpsのサービスエリアも全国へ拡大中です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で