8月9日から15日にかけて横浜みなとみらいで開催される株ポケ主催の街型イベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」。イベントの一環として、国内初の『Pokémon GO (ポケモンGO)』公式イベントである「Pokémon GO PARK (ポケモン ゴー パーク)」も同時開催されますが、この会場では、日本ではふだん会えない欧州限定ポケモン「バリヤード」など、珍しいポケモンが多数登場するようです。

Pokémon GO PARK:「カントー地方」と「ジョウト地方」をイメージした2つのエリアに、それぞれの地方のポケモンたちが出現

公式発表によると、「Pokémon GO PARK」には「カントー地方」と「ジョウト地方」をイメージした2つのエリアが存在。

赤レンガパークが『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』の舞台となった“カントー地方”をイメージした「カントーパーク」、カップヌードルミュージアムパークを『ポケットモンスター 金・銀』の“ジョウト地方”をイメージした「ジョウトパーク」となっていて、そこではそれぞれの地方のポケモンが、いつもより多く出現するようになっています。

また「Pokémon GO PARK」会場内では、普段日本国内では見ることのできない海外限定ポケモン「バリヤード」をはじめ、レアなポケモンなども出現。図鑑の完成に役立てることができるのだそう。

さらに、「Pokémon GO PARK」内にあるポケストップから入手できる2kmのタマゴからは、いつもとは少し違うポケモンが孵化する可能性があるとのこと。

イベント期間中、「Pokémon GO PARK」会場ではリアルジムやリアルポケストップが設置。それぞれのオブジェがある場所では、『ポケモンGO』ゲーム内にもポケストップ、ジムが現れます。

先月開催され、伝説のポケモン開放も目玉だった「Pokémon GO Fest シカゴ」では、人が集まりすぎたためにゲームを満足に遊べない等の障害もあったようですが、「Pokémon GO PARK」では対策が練られているでしょうか。

Pokémon GO PARK

開催日時:8月9日(水)~15日(火)10時~18時

会場:

カップヌードルミュージアムパーク

横浜市中区新港2-3-4
最寄り駅:
JR・市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩12分
みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩8分、「馬車道駅」より徒歩8分

赤レンガパーク(横浜赤レンガ倉庫)

神奈川県横浜市中区新港1-1
最寄り駅:
JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分
JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分
みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分、「みなとみらい駅」より徒歩約12分

参加費:無料

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で