配信1周年を迎え、今夏は初のリアルイベントも開催される『Pokémon GO (ポケモンGO)』。先日はジムバトルに新たな機能レイドバトルなどが追加される大規模アップデートも実施されていますが、さらに一部仕様が変更となる最新バージョン「0.69.0 (Android) / 1.39.0 (iOS)」へのアップデートが開始されました。それぞれの配信地域で順次利用可能となります。

Niantic の発表によると、最新アップデート「0.69.0 (Android) / 1.39.0 (iOS)」の内容は以下の通り。

  • ポケモンの情報画面に、どのモンスターボールで捕まえたかをアイコンで表示
  • レイドバトル勝利後でも、ジムのフォトディスクを回転できるよう仕様を変更 – トレーナーがジムに設置した自分のポケモンに、ポケモンの情報画面から遠隔で「きのみ」をあげられるように仕様を変更しました。遠隔で「きのみ」をあげると回復量は少なくなります。
  • ジムに設置されているポケモンが「やる気マンマン」の状態でも、「きのみ」をあげられるように仕様を変更
  • 自分の捕まえたポケモンの検索機能を改善 – トレーナーがレイドバトルを完了できない問題を修正
  • ポケモンがジムから戻る際に発生していたバグを修正
  • 一部のバグを修正

最新版を適用することで、ボスポケモンと戦える「レイドバトル」やジムに関連する仕様の一部が調整。自分のポケモンに遠隔できのみをあげられるようになったり、ジムに配置されたポケモンがやる気満々の状態であってもきのみをあげられるようになるなどの変更があります。また、レイドバトルを完了できない問題や、ジムに配置したポケモンが自分の元へ戻ってくる際に発生していたバグも修正されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で