KDDI は10日、au スマホ向けの新しい料金プラン「auピタットプラン」「auフラットプラン」を2017年7月14日より提供開始すると発表しました。

新プラン「auピタットプラン」:月々のデータ利用量に応じて “自動で適用” の5段階定額

「auピタットプラン」は、使用したデータ利用量に合わせて5段階の定額料金が “自動的に適用される” 料金プラン。通話プランはスーパーカケホ、カケホ、シンプルの中から選ぶことができ、最安は通話+通信料金で2980円から。

au によると、スマホユーザーの多くは月によってデータ利用量にばらつきがあり、必ずしも最適な料金プランになっていない月があるとのこと。これが「auピタットプラン」に加入すると、データ利用量に応じて料金が自動で決まり、利用量が少ない月はより安い料金でスマホを利用することができます。

「auピタットプラン」の料金は 1GB(2980円)/ 2GB(3980円)/ 3GB(4480円)/ 5GB(5480円)/ 20GBまで(6480円)の5段階(通話プランがスーパーカケホの場合)。20GB以上の使用量になった場合は速度制限が入るということです。

新規・機種変と同時の申し込みならさらにお得に

2017年7月14日から12月31日までの間、新規契約または機種変更と同時に「auピタットプラン」に加入すると、12ヶ月間利用料金が1000円オフになるビッグニュースキャンペーンも実施。この料金が適用されると「auピタットプラン (スーパーカケホ)」「auピタットプラン (シンプル)」が最安1980円から利用できます。

注意点

ただしこのプランおよびキャンペーンは、人気の iPhone (iPhone 7 / iPhone 7 Plus / iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone SE / iPhone 6 / iPhone 6 Plus / iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 5) 関連の購入を伴う新規・機種変では適用されないという難点も(料金プラン変更のみの場合は加入可能)。毎月割も適用されません。

また2017年7月14日以降に端末を購入した場合、2018年2月以降は「auピタットプラン / auフラットプラン」とその他の料金プランとの間のプラン変更ができませんのでご注意を(機種購入を伴う変更を除く)。

このプラン、損か得か

注釈が多くて分かりにくいプランかなという印象ですが、自分の月々のデータ利用量をある程度把握できている既存ユーザーであれば、上手くハマる容量内で賢く運用できそうではあります。注意したいのは、5GB以上まではデータ利用量に応じて段階的に料金が上がっていくので、月によっては想定していたプラン以上の金額になる可能性もあるということですね。

また端末の購入サポートとなる毎月割が適用されないので、新規・機種変でこのプランに加入した場合は当初考えていたよりも高いというケースが増えそうです。

auフラットプラン:大容量をおトクに

「auフラットプラン」は、月20GB・30GBの大容量データ通信をおトクに利用できる料金プラン。現状スーパーカケホとデータ定額20の組み合わせ誰でも割やスマートバリュー適用で月6590円から(最大2年間)になりますが、「auフラットプラン」なら月5500円から。また30GBなら最大2年間8000円からのところ、7500円から利用できます。

「auフラットプラン」もビッグニュースキャンペーンの対象となっており、新規契約または機種変更と同時に加入することで12ヶ月間1000円オフで利用可能。なのでキャンペーン適用なら20GBプランが月4500円から、30GBプランが月6500円から利用できるということに。まあ、1年ですけれど。

ただしこのプランおよびキャンペーンも、iPhone (iPhone 7 / iPhone 7 Plus / iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone SE / iPhone 6 / iPhone 6 Plus / iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 5) 関連の購入を伴う新規・機種変では適用されません(料金プラン変更のみの場合は加入可能)。毎月割もありません。

2017年7月14日以降に端末を購入した場合、2018年2月以降、「auピタットプラン/auフラットプラン」とその他の料金プランとの間のプラン変更は機種購入を伴う変更を除いて行なえません。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly