KDDI は4日、プリペイド電子マネーの「au WALLET プリペイドカード」が Apple Pay に対応を開始したと発表しました。

iPhone 7 や Apple Watch Series 2 などを通じて、QUICPay 加盟店などで「au WALLET プリペイドカード」による決済が可能となります。

au WALLET プリペイドカードが Apple Pay に対応

「au WALLET プリペイドカード」の Apple Pay への設定は、カメラからプリペイドカードを読ませて名義などを入力するだけと非常に簡単。初期設定が終わると届く認証コードを入力するとアクティベートが完了します。

追加は au WALLET アプリや iPhone のWallet アプリを通じて行えます。設定方法がわからない場合、au ショップでも設定のサポートを受け付けています。

Apple Payに「au WALLET プリペイドカード」を追加した後も、引き続き au WALLET ポイントプログラムの対象となるので、Apple Pay による買い物をした場合でも、これまで通り200円(税込)ごとに1ポイントの「WALLET ポイント」が貯まります。さらに、au WALLET ポイントアップ店での利用で、さらにポイントが増量となります。

店舗での支払いには、iPhone 7 / iPhone 7 Plus、Apple Watch Seires 2が対応。全国の QUICPay+ 対応店舗で利用することができます。

支払の際には QUICPay を利用すると店員に伝え、Touch ID に指を載せたまま iPhone 7 をリーダーに近づけ、決済音が鳴ると支払いが完了します。Apple Watch Series 2 で支払いする場合には、サイドボタンを2回クリックしてからリーダーに近づけます。

また、オンラインショッピングの支払いにも Apple Pay を利用でき、iPhone 6 以降の iPhone または iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3 以降の iPad が対応します。

2012年以降の、macOS Sierra がインストールされた Mac でも Safari での買い物に Apple Pay を利用することができます。その際は、iPhone 6 以降の iPhone と Apple Watch、新しい MacBook Pro の Touch Bar で支払いを承認することで利用できます。

Wallet アプリの Suica やモバイル Suica へのチャージも

また、Apple Pay に追加した Suica へのチャージやモバイル Suica へチャージする場合に、「au WALLET プリペイドカード」を使うことが可能となりました。この時もポイントが貯まります。

Apple Pay に登録した Suica へのチャージ方法

  1. Wallet アプリに登録した Suica を選択、もしくは Suica アプリを起動
  2. 入金(チャージ)を選び、入金する金額を指定
  3. 入金に利用するカードを選択する画面になるので「au WALLET プリペイドカード」を選択(au WALLET プリペイドカードにチャージ相当額の残高が必要です)
  4. 完了

対応記念キャンペーン

KDDI では、「au WALLET プリペイドカード」の Apple Pay 対応を記念したキャンペーンを7月4日より実施。Apple Pay に設定した「au WALLET プリペイドカード」または「au WALLET クレジットカード」を使って QUICPay / QUICPay+ 対応加盟店で買い物をすると、ポイントが通常の5倍貯まります。

さらに、専用サイトでのエントリーと Suica アプリケーションでの会員登録をおこない、Apple Pay に Suica を追加した上で、Apple Pay に設定した「au WALLET プリペイドカード」または「au WALLET クレジットカード」を使って QUICPay / QUICPay+ 対応加盟店で買い物をすると、ポイントが合計10倍貯まります。

キャンペーン期間は8月31日まで。獲得ポイントの上限は6000ポイントまで。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly