スマホやタブレットを日常的に利用する年齢が年々下がっている昨今、子供が利用するネットサービスの安全性は親としては気になるもの。Google は5月31日、子供にも人気の動画共有サービス「YouTube」を安心して楽しめる「YouTube Kids」アプリを日本国内向けにも Google Play ストアと App Store で提供を開始しました。アメリカなどではすでにリリースされていた機能・サービスですが、ようやく日本にも上陸。

子どもたちや保護者が安心して動画を視聴できる YouTube Kids が日本でもリリース

『YouTube Kids』は、YouTube で公開されている動画の中から、子供にふさわしくないと思われるコンテンツを除外し、検索履歴や視聴した動画に基づいてホーム画面におすすめの動画が表示される、子どもたちのために設計された動画視聴アプリ。

動画は「アニメ・ドラマ」、「おんがく」、「まなぶ」、「はっけん」の4つのカテゴリに分類されているほか、小さい子でもアプリを操作できるよう複雑な機能が省かれ、ボタンが大きくなっているなど UI が調整されています。

万が一、見せたくないコンテンツが表示された場合にはアプリでブロックしたり、Google へ報告することも可能。

子供の成長に合わせて「未就学児向け」「学齢児童向け」「すべてのお子様向け」の3段階に表示する動画を設定することもできます。

アプリでは検索機能のオン/オフや見すぎを防ぐ視聴時間のタイマー設定といった保護者向けの機能もあり、それぞれの家庭に合わせて利用時のルールを決めることができます。なお、検索機能も『YouTube Kids』仕様になっていて、ふさわしくない言葉を入力すると “ほかのことをさがしてみよう” と返されてしまいます。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly