コナミは29日、『ウイクラ』ことサッカー戦術シミュレーションゲーム『ウイニングイレブン クラブマネージャー (PES Club Manager)』(iOS/Android)を、最新バージョンの「1.5.0」へアップデート。収録選手やクラブデータが16/17シーズン冬移籍を反映した最新のものに更新されたほか、新しい選手育成システム「トレーナー」が実装されるなど、大規模なアップデート内容となっています。

またこのアップデートに伴って、メインビジュアルがリヴァプールFC(イングランド)からボルシア・ドルトムント(ドイツ)へと一新されました。

ウイニングイレブン クラブマネージャー Ver.1.5.0:主なアップデート内容

2016-17 2ndシーズン:16/17冬移籍を反映した選手・クラブデータ

収録選手やクラブのデータが、16/17シーズンの冬移籍を反映した最新版「2016-17 2ndシーズン」にアップデート。

カンテやハリー・ケイン、ディバラ、デ・ブライネ、ルカクらが☆7に昇格したほか、日本人選手では酒井宏樹や吉田麻也が☆5に昇格。ラキティッチ、コウチーニョ、イカルディ、モラタ、ファルカオ、ミトログル、トッティなど☆7や☆5から☆6への変動も相当数いますね。

新育成システム「トレーナー」が追加

これまでの「トレーニングポイント」を使った育成が廃止され、「トレーナー」を使って選手育成を行う新たな育成システムに刷新。トレーナーは2つの基本能力「トレーニング効率」と「能力アップ」のほか、選手との相性やさまざまな効果を発揮するスキルを有していて、戦略的な視点も重要になります。メニューに応じた選手の能力上昇だけでなく、ポジション、スキルも追加され、優秀な選手を育てることができます。

トレーナーはスカウトを通じて契約。毎日1人(☆1〜5)を無料でスカウトできる「デイリースカウト」とコイン消費で契約する「トレーナースカウト(☆4〜7)」があります。選手に加えてトレーナーも課金要素に。

また、トレーニングを完了するには試合をこなす必要があるので、これまでのようにトレポをたくさん貯め、育てたい選手に一気に投入するといった育て方はできなくなりました。

ユニフォーム「クラシックキット」

「FC バルセロナ」(08-09)、「リヴァプールFC」(04-05)、「ボルシア・ドルトムント」(11-12)のクラシックユニフォームがFP交換に登場。各5000FPで交換し設定可能。クラシックユニフォームは、スペシャルマッチの報酬として入手できることもあります。

その他

  • 人事画面、スカウト演出の変更
  • ボールタイプ「Forçachape」追加
  • ゴールセレブレーショ追加
  • 新イベント開催準備
  • その他、細かな改修

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で