Apple は21日、9.7インチサイズのRetinaディスプレイを備えた、A9チップ搭載の新しい「iPad」を発表しました。32GBモデルがエントリーモデルと位置付けられており、Wi-Fiモデルが3万7800円、Wi-Fi+セルラーモデルが5万2800円という価格。日本では3月25日0時1分より予約受付が開始されます。

iPad

カラー:シルバー、ゴールド、スペースグレイ
32GB:3万7800円(Wi-Fi)/5万2800円(Wi-Fi+セルラー)
128GB:4万8800円(Wi-Fi)/6万3800円(Wi-Fi+セルラー)

サイズは240mm × 169.5mm × 7.5mm、重さは469g(Wi-Fiモデル)。ホームボタンには Touch ID が搭載されていて、Apple Pay にも対応しています。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラー氏は次のように述べています。

「iPadは世界で最も人気のあるタブレットです。お客様は9.7インチの大きなディスプレイを使って映画や写真を見たり、ウェブを閲覧したり、FaceTimeで会話をしたりするのが大好きですが、それが新たに、これまで以上にお手頃な価格で楽しめるようになりました。iPadを使うのが初めてのお客様も、旧モデルのアップグレードを検討しているお客様も、美しいRetinaディスプレイとパワフルなA9チップを搭載し、iPadのために設計された130万本以上のアプリケーションとともに、新しいiPadを家庭や学校、職場で愛用していただけることでしょう」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で