UQコミュニケーションズは11日、2016年12月より東名阪エリアを中心に展開している WiMAX 2+ の下り最大440Mbpsの高速通信サービスについて、2017年2月1日より対応エリアを順次全国へ拡大すると発表しました。

WiMAX 2+ の下り最大 440Mbps 対応エリアが全国へ拡大

4×4MIMOとキャリアアグリゲーション技術に対応するモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」の発売で実現した下り最大 440Mbps の高速通信サービスが、2017年2月1以降、一部地域を除く全国へと順次拡大します(速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により下り最大 220Mbps または 110Mbps となります)。

なお、UQコミュニケーションズでは、2017年2月1日までWeb申し込みで3000円分の商品券がもらえるキャンペーンを実施中。

2017年2月には、3日間の利用通信量が従来の「3GB」から「10GB」までに緩和され、超過時に規制される通信速度の制限時間も変更となります。高速通信が可能なエリアが広がるのと合わせて、これまで以上に家でも外でも利用しやすくなりそうです。

下り最大440Mbpsに対応するWi-Fiルーターの新機種「Speed Wi-Fi NEXT W04」(ファーウェイ)も2月中旬ごろより発売予定です。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly