よく歩き、よく捕まえました。

今年7月に、 iOS / Android 向けに配信が開始された『Pokémon GO (ポケモンGO)』。『Ingress』のナイアンティックとポケモン、そして任天堂が手がける、現実世界を舞台とするリアルワールドゲームは世界中で大ヒットとなり、ゲームの枠を越えて各地で社会現象を引き起こしました。

今年9月には、公式から歩行距離が46億kmを突破したことが報告。そして今回再び公式から歩行距離が報告されたわけですが、12月7日の時点で、世界のトレーナーが歩いた距離の合計が87億kmを突破しました。

87億kmと言われてもピンときませんけれど、どれほどの規模かというと、地球を20万周以上、飛行機を使った移動でも1000年以上かかる距離だそうです。途方もない数字。

またトレーナーがゲットしたポケモンの総数は880億匹を上回っています。一日あたり、約5億3300万匹のポケモンをゲットしていることになります。

『ポケモンGO』は配信開始から2ヶ月の9月時点で世界累計5億ダウンロードを突破する爆発的ヒットを記録。最近は熱狂的な盛り上がりも落ち着きを見せていますし、また季節的にも北半球は冬に入って、外でスマホを長時間触ることも減ってきています。

ただ元の数字があまりに巨大であるのと、12月に入って追加されはじめた第2世代の存在、ゲーム内イベントなどの施策により回帰トレーナーもいますので、今後も定期的に、桁外れなプレイデータの報告を見ることになりそうです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly