今のところ、追加課金のない、買い切り型で完結させる計画のようです。

任天堂が12月15日に iOS 向けに先行配信した初のスマホ向けマリオアクション『Super Mario Run (スーパーマリオ ラン)』。無料でダウンロードして一部を遊ぶことができ、1200円を払うことでゲーム収録内容すべてがアンロックされる買い切り型のゲームアプリです。任天堂は追加の課金は無いとしていますが、その一方で、継続的なアップデートによるコンテンツ追加も、『スーパーマリオラン』では見られないかもしれません。

スーパーマリオラン、追加コンテンツの予定は計画にない

WSJ の望月記者によれば、「『スーパーマリオラン』では、コースやキャラクターなどの追加コンテンツの配信は、有料無料にかかわらず計画していない」と任天堂の担当者から回答を得られたとのこと。なおバグフィックスについてはこの限りではありません。

『スーパーマリオラン』には、全6ワールド24コースのメインモード「ワールドツアー」とライバルと対戦できる「キノピオラリー」、自分だけの王国を作る「王国づくり」の3つのモードが収録されています。

ただ、予定はないと言ってもあくまで現時点で答えられる範囲のものであり、状況が変化して以前の発言が後に覆るということはゲーム業界に限らずよくあること。

任天堂のスマホ事業はそこで利益を出すだけでなくゲーム専用機事業へユーザーを呼び込むのも目的の1つですから、それを達成のに現状で不十分であると判断されたりすれば、完全な買い切り型で終わらずにテコ入れもあり得るのではないかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で