23日よりXPとほしのすなの獲得量が2倍になる「Pokémon GO 感謝祭」がスタートしている『ポケモンGO』ですが、イベントに合わせてへんしんポケモン「メタモン」が実装。野生で出現するようになりました。

近くにメタモンがいてもメタモンとして地図上に出現するのではなく、他のポケモンに変身しています。

ポケモンGOにメタモンが実装

原作では、メタモンが変身しているポケモンは目が点になっていて見分けがつきましたが、『ポケモンGO』のメタモンは完全に見た目が同じで区別がつかず、ゲットしてメタモンに戻るアニメーションがあってはじめて分かるという仕様。感謝祭だし、がしがし捕まえてねってことなのかもしれませんが。

通常のポケモンとの見分け方

メタモンは地図上に表示されず、変身時の見た目も通常のポケモンと同じであるため、今のところ見分ける方法はなし。捕まえてはじめてメタモンかどうか分かります。

メタモンが変身していることが確認されたポケモン

メタモンが変身しているのは、ポッポやコラッタ、コイキング、ズバットといった頻出ポケモンたち。

メタモンの能力

他のポケモンに変身した姿で登場するメタモンは、ゲットした後も変身ポケモンとしての能力を発揮。ジムバトル時、バトルで最初に会ったポケモンの姿に変身し、タイプと技を真似します。ジムでのバトルが終わると元のメタモンの姿に。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で