任天堂は15日、iPhone や iPad など iOS 端末向けに先行配信を予定している『Super Mario Run (スーパーマリオ ラン)』について、2016年12月15日に日本を含む151の国と地域の App Store で順次配信を開始すると発表しました。

『スーパーマリオラン』は、スマートデバイス向けに操作体系を最適化した、片手で遊べるマリオアクションの新作。プレイヤーは自動で走り続けるマリオを片手で快適に操作することができ、スマホ画面で2Dのマリオアクションを楽しむことができます。

任天堂によると、初期配信国は日本を含む151の国と地域で、アプリのダウンロードは無料。搭載される3つのゲームモード(ワールドツアー、キノピオラリー、王国づくり)の一部を遊ぶことが可能です。

アプリをフルで楽しむための料金は9.99ドル/9.99ユーロ/1200円。これら料金を支払うことで、収録される3つのモードすべてを、“追加課金無し” で好きなだけ安心して遊ぶことができるということです。

スーパーマリオラン 収録モード

いつものマリオアクション – ワールドツアー

ワールドツアーの収録コースは全6ワールド24コース。草原や地下、お化け屋敷、戦艦にお城といったさまざまなロケーションが用意されています。特別な色のコインを探す、友達とハイスコアを競うなど、クリア以外にも楽しみ方はいろいろ。

友達や世界のプレイヤーと競う – キノピオラリー

「キノピオラリー」は、遊ぶたびにコースが変わる対戦モード。フレンドや世界のユーザーとマリオアクションのクールさを競うことができ、集めたコインの枚数と応援にかけつけたキノピオの数で決まるスコアを競い合います。クールなアクションを決めてゲージを貯めると「コインラッシュ」モードに突入。

自分だけの王国づくり

コインで交換できる建物や飾りをつかって、自分だけのキノコ王国づくり。アイテムは全部で100種類以上あり、オリジナルの王国を作ることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で