リアルワールドゲーム『ポケモンGO』初の公式イベント「ポケストップ追加企画 Explore Miyagi」が、11月12日に宮城県石巻市の中瀬公園を拠点に開催されます。

東北3県+熊本県とアプリ開発元である Niantic との提携は以前から発表されていますが、ようやくイベント開催に目処。「ポケストップ」を新設できる企画や、ゲットしたポケモンの重量を競うなどの企画が予定されています。

「ポケストップ」の新設エリアは、石巻、東松島、女川、南三陸の4市町が対象です。スマホで撮影した「ポケストップ」設置を希望する場所の写真などを、公園内の申請場所に持参すれば、審査を経た上で後日「ポケストップ」に指定されるという流れ。

当日に4市町を巡って候補地を探す無料のバスツアーも開催されるということです。

拠点となる中瀬公園では、会場内のポケストップすべてにルアーモジュールが設置されるほか、『ポケモンGO』を使ったゲーム大会が開催。

コイキングを時間内にゲットして、その重量を競う「コイキング計量大会」やタマゴからかえった指定のポケモンの重さを競う「タマゴふか大会」、被災地の復興を感じさせる風景とおpケモンを一緒に撮影する「『ポケモン GO』フォトコンテスト」の3つ。

なお、以前アイデアとして出ていたレアポケモンの配置は「※出現するポケモンに特別な変化はございません。」と大きく書かれているように、どうやら採用されなかったようです。

イベント会場では、被災地のグルメを楽しめる飲食店ブースや、スマートフォンの無料充電コーナーも設置されます。

追記:ラプラス祭りが開催

出現ポケモンに特別な変化はないと言われていた本イベントですが、直前になってナイアンティックから「ラプラス」の出現率アップが発表されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で