UQ コミュニケーションズから、下り最大440Mbps/上り最大30Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」が発表されました。2016年12月上旬より、UQ オンラインショップおよびMVNO各社で順次販売開始予定。

下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps対応 WiMAX 2+ モバイルルーター 「WX03」

「WX03」は、4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション(CA)技術によって、国内最速の下り最大440Mbpsの高速通信を実現したモバイルWi-Fiルーター。

下りだけでなく、上り回線にはCA技術と64QAM変調方式を導入することで、通信速度が従来の上り最大10Mbpsから上り最大30Mbpsに向上しています。

なお、UQの発表によると、モバイルルーターで下りと上り回線の両方にCA技術を導入するのは国内初めてだということです。

最速440Mbpsを体験できるのは東名阪エリアが中心。使用機器やエリアの対応状況により、下り速度は最大220Mbpsあるいは110Mbpsになります。上り最大30Mbpsも一部エリアからの提供になるということです。

「Speed Wi-Fi NEXT WX03」の主なスペック

製造元:NECプラットフォームズ
通信方式:WiMAX 2+
最大通信速度:下り最大440Mbps* / 上り最大30Mbps
(* 3日間3GB以上利用時の速度制限あり)
(*システム上の最大速度)
サイズ:約99(W)×62(H)×13.2(D)mm
連続通信時間(Wi-Fi接続時):
・約440分(ハイパフォーマンス)
・約600分(ノーマル)
・約740分(エコ)

連続通信時間(Bluetooth接続時):
・約580分(ハイパフォーマンス)
・約900分(ノーマル)
・約990分(エコ)

連続待受時間:休止状態で約1100時間 / ウエイティングで約45時間
充電時間:140分(別売のACアダプタと同梱のmicroUSBケーブル使用時)
最大同時接続数:Wi-Fiテザリング時10台、Bluetooth テザリング時3台

UQは今回、5分以内の国内通話がかけ放題になる「おしゃべりプラン」や秋冬の新端末もあわせて発表。最近はNTTドコモやKDDI、ソフトバンクといった大手通信会社から、従来のデータ量を上回る大容量の通信料金プランも登場。さらに格安SIMのシェアも拡大し、モバイルデータ通信を巡る競争はますます激化しています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly