Pokémon GO (ポケモンGO)

「ヨコスカGO」宣言を出している神奈川県横須賀市は10月1日より、『Pokémon GO (ポケモンGO)』のゲーム画面提示で東京湾フェリー乗船料が割引となる「ヨコスカGO割」を開始しました。期間は2016年12月31日まで。

神奈川県横須賀市久里浜港と千葉県富津市金谷港を結ぶ「東京湾フェリー」に乗ってポケモンをゲット。チケット売り場にて『ポケモンGO』のゲーム画面(※レベル10以上)を提示することで、往復運賃が通常1320円のところ1130円に割引となります。団体割引運賃ですが、1人でも適用されるとのこと。

東京湾フェリー「ヨコスカGO割」

期間:2016年10月1日 〜 2016年12月31日
条件:チケット売り場にて、『ポケモンGO』ゲーム画面を提示
※レベル10以上。
※久里浜港・金谷港を、9時以降に出港する便に限る。

金額:久里浜~金谷 往復「1,320円」のところ「1,130円」に割引 
※団体割引運賃
※1人でも画面提示で団体割引運賃を適用

横須賀市によると「東京湾フェリー」は片道約40分、時速約23km、距離11.5kmの船旅。

「おこう」使用で、レアを含む30匹以上のポケモンが出現

航路ルート上にポケストップは設置されていないものの、事前の調査で「おこう」使用時に30匹以上のポケモンを確認。普段出会えないポケモンもたくさん出現したということです。船内には Wi-Fi も完備されており、通信の不安はありません。

なお「おこう」を使用しない場合、40分間で3〜4匹程度しか出現しなかったということで、最大限楽しむために「おこう」の使用が推奨されています。

参考資料として、久里浜発遊覧便で9月12日に実施された6名分のポケモン出現一覧が報告。「おこう」使用時には往路で最大で45匹、復路で36匹が出現。使用しない場合、往路11匹、復路4匹という結果でした。

出現した種類は全部で54種類。海上なので水タイプも多くなっていますが、ユンゲラーやイワーク、ガーディ、ドガース、レアコイル、ゴース、ワンリキー、スリープなどタイプを問わず様々なポケモンを見ることができるようです。時期によって入れ替わりはもちろんあるでしょうけども。

tokyowanferry_pokemongo

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly