任天堂とポケモンは17日、9月16日に発売を開始した『Pokémon GO Plus(ポケモン ゴー プラス)』が品薄になっていることを受け、次回出荷は11月上旬頃になる見通しだと発表しました。

『ポケモンGOプラス』は当初の7月末の予定から9月16日に発売日が変更され、その間に『ポケモンGO』の勢いもその間に落ち着いてきていました。ところが蓋を開けてみればあっという間に予定数量が完売の大人気。17日もポケモンセンターにて数量限定で販売されたものの、オンライン分は16日で完売しており、全国的に品薄状態となっています。

任天堂は現在追加生産を行っていて、次回は11月上旬に出荷を予定。これ以降も順次生産・出荷していくということです。

『ポケモンGOプラス』は9月16日に、グローバルで販売が開始された、『ポケモンGO』と接続することで使えるリストバンド型のデバイス。スマホ画面を見なくても、ポケモンを捕まえたり、ポケストップに立ち寄ってアイテムを入手したりといった動作を行えます。

アプリがバックグラウンド動作時でも接続が維持され、タマゴの孵化や「相棒ポケモン」のアメをもらうのに必要な歩行距離も反映されます。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly