2017年3月末までに、『Miitomo』を含めスマホ向けゲームを5タイトル程度ローンチすると発表してきた任天堂ですが、最近の計画ではこれが1本減り、4本を目標としていることが明らかになりました。

アップルのスペシャルイベントで任天堂は、『スーパーマリオラン』を2016年12月に配信すると発表。あわせて、2016年秋予定としていた『ファイアーエムブレム』と『どうぶつの森』の配信開始時期を2017年3月末までに変更。『スーパーマリオラン』の後に順次配信するとしています。

マリオも当初発表されていた5タイトルの中に含まれているということで、これで4本が埋まり、5本目は来期以降にずれ込むこととなりました。任天堂・宮本茂氏によれば、配信本数の変更は市場の状況や各タイトルの開発プロセスを考慮した結果だそうで、現在は今期末までに合計4タイトルをローンチする計画だということです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly