iPhone の iPhone 7 より、国内でも利用が可能となる Apple Pay。セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスといった大手コンビニでも Suica や QUICPay、iD を通じて買い物が可能になります。各社から公式に発表されています。

Suicaは先払い式の電子マネー、QUICPay と iD は後払い式の電子マネーです。

事前に Apple Pay へ対応するクレジットカードやプリペイドカードを登録しておけば、iPhone 7 や Apple Watch Series 2 でおサイフケータイと同じように支払いを済ませることが出来るように。

おサイフケータイのように

利用する際は、会計時にレジにて担当者にQUICPay、iD、Suica のいずれかで支払うことを伝えて支払います。QUICPay か iD で支払う時は、iPhone 7 の場合、Touch ID に指を載せたまま iPhone をリーダーにかざします。Apple Watch Series 2 では、サイドボタンをダブルクリックしてからリーダーにかざします。Suica で支払う時は、デバイスをリーダーにかざすだけで支払いが完了します。

Touch IDに指を載せたままということは、ホームボタンに触れながらタッチするわけですが、試しに持ってみたもののちょっと不安定な持ち方になりますね。親指を登録しておけばまあなんとか大丈夫かな。

Appleの公式サイトによると「Apple Payにクレジットカードやプリペイドカードを追加しておけば、QUICPayかiDが使えるお店ならどこでも簡単に買い物ができます。」ということで、大手コンビニ以外にもドラッグストアや総合スーパーなど多くの場所で利用することができます。公式サイトには利用可能店舗・サービスの一例が公開されています。

電子マネーの利用場面は比較的少額決済が主になってきますから、コンビニ等がいち早く対応しているのは普及に一役買いそうです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly