ソフトバンクは1日、Niantic およびポケモンとパートナーシップ契約を締結し、全国3700店舗あるソフトバンクショップとワイモバイルショップが、スマホゲーム『Pokémon GO (ポケモンGO)』のゲーム内で「ポケストップ」または「ジム」として、2016年9月以降に登場すると発表しました(一部店舗を除く)。

『ポケモンGO』と新たに提携したのはソフトバンクでした。『Ingress』の流れをくむ『ポケモンGO』では、現実世界の有名なモニュメントや印象的なスポットが、モンスターボール等のアイテムを入手できる「ポケストップ」と、他のプレイヤーのポケモンと対戦する「ジム」に設定されています。

今回の提携により、全国のソフトバンクショップやワイモバイルショップが「ポケストップ」「ジム」のいずれかとなって、ゲーム内に登場することとなりました。

softbank_pokemon_go

ソフトバンクによると、この他にも『ポケモンGO』とのコラボキャンペーンであったり、サービスの提供を検討していくそうです。対象店舗などの各種案内は、特設サイトを通じて発信していくとのこと。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly