KDDIは8月31日、台風10号による大雨被害等に伴い、災害救助法が適用された地域のユーザーを対象とする支援措置を発表しました。通信料金等の減免や支払期限の延長などが実施されます。

1. 通信料金等の支援措置

1-1. auひかり(au one net)、メタルプラス電話、ホームプラス電話、au one net (フレッツ光)、au one net ADSL、ケーブルプラス電話の基本料金等の減免

被災したユーザーが、自宅から避難される等の事情でauひかり(au one net)、メタルプラス電話、ホームプラス電話、au one net (フレッツ光)、au one net ADSL、ケーブルプラス電話の固定通信サービスを全く利用できなかった場合に、ユーザーからの申告(注1)により、その期間(注2)の月額基本料、付加サービス利用料が減額。

注1:2016年10月31日までの申告が対象です。
注2:固定通信サービスが利用できなかった期間は、連続する24時間を単位に減額日数を計算します。なお減額する期間は、実際に避難されていた期間となります。

1-2. 利用料金の支払期限の延長

被災したユーザーが、auの携帯電話サービスおよびauひかり(au one net)、メタルプラス電話、ホームプラス電話、au one net (フレッツ光)、au one net ADSL、ケーブルプラス電話の固定通信サービス(請求書を窓口で支払っている場合に限る)(注3)を契約している場合、2016年8月請求分(2016年7月利用分)請求書の支払期限が2016年9月30日まで延期となります。

また、2016年9月請求分(2016年8月利用分)請求書の支払期限についても、2016年10月31日まで延期されます。

注3:口座振替・クレジットカード払いを指定している場合、自動的に口座引落しとなることから期限延長の対象外となります。

2. 携帯電話修理費用の軽減

災害救助法適用地域のユーザーに対して、2016年8月30日から2016年9月30日の期間、北海道全域のauショップ・PiPitにて、大雨被害により破損・故障した携帯電話機の修理費用が一部軽減されます。

請求書送付先が災害救助法適用地域のユーザーが対象。

3. 電気料金等の支援措置

3-1. 基本料金の減免

災害救助法が適用された地域や隣接する市町村において、ユーザーが被災によってauでんきサービスを全く利用できなかった場合(注4)、ユーザーからの申告により、その期間の基本料金が減額となります。

注4:auでんきサービスが利用できなかった期間は、実際に避難していた期間となります。なお、auでんきサービスが利用できなかった期間は、電気使用量等を元に確認されます。

3-2. 利用料金の支払期限の延長

被災したユーザーが、auでんきサービス(請求書を窓口で支払っている場合に限る)(注5)を契約している場合、2016年8月請求分の請求書の支払期限が2016年9月30日まで延期となります。

注5:口座振替・クレジットカード払いを指定している場合、自動的に口座引落しとなることから期限延長の対象外となります。

4.携帯電話の貸し出し

災害復興を行う市区町村の災害対策本部、公的機関等の団体からの要請があった場合、携帯 電話や充電器などの貸し出しが行われます。

災害救助法適用地域 (2016年9月1日時点)

北海道

帯広市、空知郡南富良野町、河東郡音更町、河東郡士幌町、河東郡上士幌町、河東郡鹿追町、上川郡新得町、上川郡清水町、河西郡芽室町、河西郡中札内村、河西郡更別村、広尾郡大樹町、広尾郡広尾町、中川郡幕別町、中川郡池田町、中川郡豊頃町、中川郡本別町、足寄郡足寄町、足寄郡陸別町、十勝郡浦幌町

岩手県

盛岡市、宮古市、久慈市、遠野市、釜石市、上閉伊郡大槌町、下閉伊郡岩泉町、下閉伊郡田野畑村、下閉伊郡普代村、九戸郡軽米町、九戸郡野田村、二戸郡一戸町

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly