1ヶ月経たずに数千万もの巨大なインストールベースを築き上げた『ポケモンGO』ですが、まだ始まったばかり。たとえば『Splatoon (スプラトゥーン)』でいえば、ガチルール実装前のような、非常に初期の段階にあります。

Niantic のジョン・ハンケ氏によれば、今後数週〜数ヶ月のプランとして、チームは『ポケモン』のコア要素の1つである “交換” を実装する計画を持っているほか、現在はシンプルな機能である「ポケストップ」や「ジム」の拡張も予定。またグローバルランキングも計画されています。

その他AR技術を改善していきたい考えや、さらにはAR端末を活用するのも面白いかもしれないとの話も飛び出しました。ウェアラブルデバイスの技術が進めば、よりポケモンたちを身近に感じられる、初期PVのような世界を体験できる日がいつかやってくるかもしれません。

「San Diego Comic-Con 2016」ではそれらに加えて、「レアポケモンの登場」「チームの重要性が増す」「いくつかのポケストップにポケモンセンター機能(ゲーム本編のようにポケモンの回復など)」「第2世代以降のポケモンの登場」が計画されていることが明らかに。

登場ポケモンの種類や新機能は段階的に追加していきたいとの考えは、E3でも語られていました。

Anker PowerCore 13000
メーカー: Anker
カテゴリ: モバイルバッテリー
対応機種: iPhone / iPad / Xperia / 新しいMacBook / Android各種他
備考: 数日の使用にも十分な容量で、iPhone 6sに5回以上、Galaxy S6に3回、iPad Air 2に1回の充電が可能。Apple MacBook (12インチ, 2015)も約4~5時間で満充電可能です(PowerIQ非対応)。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly