『Pokémon GO (ポケモンGO)』が日本ローンチを迎えた22日、コラボを予告していた日本マクドナルドからそのパートナーシップの内容が発表されました。単独ローンチパートナーとして、国内のマクドナルド約2900店舗全店が、『ポケモンGO』内の「ジム」や「ポケストップ」として登場します。

コラボ内容:一部店舗は「ジム」に、残る店舗は「ポケストップ」として登場

全店舗が両機能を持つのではなく、約400店舗が「ジム」(他プレイヤーのポケモンと戦うスポット)に、残る約2500店舗が「ポケストップ」(モンスターボールなどゲーム進行に必要なアイテムを入手出来るスポット)としてゲーム内に登場。

「想像以上の反響をいただき、サーバーの容量の制約からお待たせしてしまいましたが、本日、日本の皆様にお届けすることができ大変嬉しく思っています。外に出たら、安全に気をつけて、まわりを見渡し、世界そのものを楽しんでください」と Niantic のジョン・ハンケ CEOはコメント。

「マクドナルドのお客様には、店舗での楽しみの一つとして活用していただくこと、また『Pokémon GO』のプレイヤーの方にも、マクドナルドに立ち寄るきっかけとしていただけることを狙いとしています。マクドナルドはこれからも、“Fun place to go”(マクドナルドに行けば何か楽しいことがある)を理念として、マクドナルドならではの商品・サービスのご提供やキャンペーンの実施に努めてまいります」とマクドナルドはコメントしています。

ポケモンGO「ジム」とは

ある程度ゲームが進行すると、プレイヤーは3つのチームのうち1つのチームに参加。そして「ジム」に所属することができるようになります。自分と同じチーム(『仲間チーム』)のプレイヤーと協力しながら、『仲間チーム』の「ジム」を守ることや、相手のチームのジムを攻略することができます。

ポケモンGO「ポケストップ」とは

公共のアート作品や歴史的なスポット、博物館や遺跡など、人々が関心を持つような場所(ランドマーク)が指定され、プレイヤーが近づいてタップするとモンスターボールなどの道具やポケモンのタマゴが手に入ります。

Pokémon GO

無料
(2016.07.22時点)
posted with ポチレバ

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly