想い出の詰まった昔のケータイ、充電・再起動します。

KDDIは6日、TIME & SPACE 企画の第3弾として、「おもいでケータイ タイムトラベル」を 2016年7月14日 〜 18日 にかけて開催すると発表しました。

過去2回は携帯電話が誕生して30年を記念した「おもいでタイムライン」と、これまで発売された600機種以上の携帯電話を紹介する「ケータイ図鑑」という、「ケータイとユーザーの想い出」を結びつけることをテーマにしたコンテンツが発表されてきましたが、第3弾はいよいよ使っていたケータイ自身をフィーチャー。長く使っている人ほどグッときそうなイベント。

au SHINJUKU(東京・新宿)にて、過去に使用していた“おもいでケータイ”を充電・再起動することができます(au のほか、NTTドコモやソフトバンクの携帯電話も、対応機種なら充電可能)。

このイベントでは当時の懐かしい想い出を振り返ることができるほか、その携帯電話に保存された懐かしい写真をプリントすることもできるとのこと。ケータイに残されたたくさんの思い出の中には、ひょっとすると振り返りたくないこともあって、いっしょに呼び覚まされてしまうかもしれませんが、まあもう過ぎたことです。それも思い出です。

紹介映像も公開されています。親孝行しないとね。。

また、ウェブサイトで展開している「au ケータイ図鑑」を au SHINJUKU 店舗で再現。最初期のショルダーフォンから現代のスマートフォンに至るまで、au 以前の日本移動通信(IDO)、DDI-セルラーグループ、ツーカーグループも含めた携帯電話が展示されるとのこと。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly