KDDIは29日、子会社のワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)を通じて2016年7月10日より無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を開始すると発表しました。全山小屋と関連施設49ヶ所に加えて富士山静岡空港で利用可能になります。

富士山 Wi-Fi とは

「富士山 Wi-Fi」は、訪日外国人観光客も含めて富士山を訪れたすべての人が無料で利用できるWi-Fiサービス。期間は7月10日〜9月10日までで、各山小屋の営業期間中に提供されます。サービスは「SNSアカウント」か「Eメール」で認証することで、簡単に利用できるとのこと。

auスマホを利用しているユーザーは「au Wi-Fi SPOT」として利用できるほか、Wi2が提供する訪日外国人向けアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」にも対応。また、大規模災害発生時に利用できる公衆無線LAN「00000JAPAN」にも対応しています。

対応言語は6言語(日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、タイ語)。

スポットは富士山の全山小屋を含む49ヶ所と富士山静岡空港 (1F総合案内所)に設置。静岡県および山梨県の受託事業者としてワイヤ・アンド・ワイヤレスが運営します。

富士山 Wi-Fi サービス概要

提供期間:7月10日 〜 9月10日(予定)
利用可能エリア:全山小屋含む49か所、富士山静岡空港 (1F総合案内所)

富士山 Wi-Fi エリア

利用対象:Wi-Fiデバイスを利用するすべての方
利用方法:SNS認証方式、メール認証方式
対応言語:6言語(日・英・中(簡体字・繁体字)・韓・タイ)

KDDIは多言語音声翻訳システムを活用し、観光客の観光や防災をサポート

KDDIは富士山の4登山口 (富士宮口、須走口、御殿場口、吉田口) で、多言語音声翻訳システムを活用した訪日外国人のへの多言語による観光案内を開始しインバウンド需要に対応。このシステムを通じて道案内や登山に関するアドバイスを行い、登山者の安心・安全な登山をサポートするほか、富士山の魅力を伝えて登山者数の増加やリピート率の上昇、観光等による地域経済への波及への寄与を目指していくということです。

多言語音声翻訳システムは、国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) が開発した技術を活用し、英語、中国語 (简体中文)、韓国語など約30言語の翻訳に対応しています。

また7月5日より富士山頂のエリア化を行い、LTE通信が利用可能に(〜9月上旬まで)。登山口および登山道(吉田口ルート、富士宮口ルート、須走口ルート、御殿場口ルート)については通年で4G LTE通信を利用できるほか、富士宮ルートと御殿場ルートをつなぐ「プリンスルート」のエリア品質の向上が行われます。山小屋や休憩所などの建物内では中継装置を設置してエリア品質の拡充を図るということです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly