WWDC 2016 で今秋リリースが発表された iOS 10。UI の改善、 Siri のアプリデベロッパへの開放、マップ、写真、Apple Music、Newsアプリケーションの再設計やメッセージの大幅強化などが行われますが、購入時に予めインストールされているアップルの純正アプリをホーム画面から削除することが、一部可能になることが明らかになっています。

一部とはいえ、かなりのアプリが削除可能。改めて見ていくと、純正アプリもかなりの数になっているんですね。

ストレージサイズに余裕のある大容量モデルなら、フォルダにしまうなりしておけばいいですが、容量が小さいモデルを利用しているほど、使わないのに容量ばかり食うアプリは邪魔でしかありません。

アップルによれば、プリインストールアプリは非常に軽く設計されていて150MBほどしか使用していないそうですけど、アプリの削除で恩恵を受ける場合もきっとあるでしょう。もしくは使わないアプリを見たくもないくらいすごく潔癖?な人とか。

iOS 10 で削除できる、標準アプリ 一覧

  • 電卓
  • カレンダー
  • コンパス
  • 連絡先
  • FaceTime
  • 友達を探す
  • Home ( iOS 10 で新搭載のリモコンアプリ)
  • iBooks
  • iCloud Drive
  • iTunes Store
  • メール
  • マップ
  • ミュージック
  • News
  • メモ
  • Podcast
  • リマインダー
  • 株価
  • ヒント
  • ビデオ
  • ボイスメモ
  • Watch
  • 天気

ヒントや株価といった一般にはあまり使われていなさそうなアプリに加えて、なんとメールや連絡先、ミュージックなんかも消すことができるみたいです。

仮に連絡先アプリを消しても、登録した連絡先情報は電話アプリの中から確認できるとのこと。でも万が一が怖くて消せなさそう。また削除したアプリは App Store から再 DL が可能。

なお、Game Center アプリは iOS 10 では登録されておらず、サービスが終了となります。あまり広がりませんでしたしね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で