スマートフォン/タブレットの進歩によって、利用するOSやアプリ、通信のデータ量も増加傾向にあります。

携帯電話各社からは月間10GBを超えるようなデータ定額プランも登場していますが、スマホなどモバイル端末で大容量データ通信を行うのであれば、環境を選ばず、様々な端末や場所で利用できるポケットWiFi(モバイルWi-Fiルーター)の方がおトクに使える場合があります。

中でも、月間通信量の上限がなく、速度制限の規制も緩い WiMAX 2+ はオススメです。対応エリアも広がりました。

WiMAX (ワイマックス)とは

WiMAXは、PC/Macやスマホなどへ簡単に接続してインターネットを楽しめるモバイル回線です。無線で接続するので、有線のLANケーブルや取り付け工事などは不要。ルーターが手元に届けばすぐに開始することができますし、ルーターを持ち運べばどこでも利用することができます。

選べる2つのプラン

現在提供されている「WiMAX 2+」では、月間データ量制限のない「Flat ツープラス ギガ放題」と「Flat ツープラス」の主に2つのプランを選択することができます。

プラン概要は以下の通りです。

Flat ツープラス ギガ放題 Flat ツープラス
基本料金 4380円/月 3696円/月
月間データ量 上限なし 7GB
速度 下り最大220Mbps

いずれのプランを選んだ場合でも、3日で3GB以上利用時には速度制限がかかります。ただし、規制されても速度は 6Mbps 〜 7Mbps が確保され、通常利用を続けることができます。大幅な速度制限がかかる他のモバイルWiFiサービスや携帯各社のデータ定額プランと比較して、非常に緩やかな規制となっています。

月額やキャンペーンはプロバイダによって異なりますが、概ね基本料金から変わらず。契約期間は2年毎となります。

※「Flat ツープラス」の場合、月間上限の7GBを越えると128kbpsまでに制限されます。

3つの通信モード

WiMAX 2+対応ルーターには、3つの通信モードがあり、使用する機種によって通信モードを選択することができます。なのでたとえばWiMAX 2+が圏外であっても、WiMAXで接続したり、au 4G LTE接続(別途有料)でネットにつなげることができます。

各モードの通信速度は以下のとおり。

下り最大速度 上り最大速度
WiMAX (ノーリミットモード) 13.3Mbps 10.2Mbps
【標準】WiMAX 2+ (ハイスピードモード) 220Mbps 10Mbps
au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード) 150Mbps 25Mbps

クラウドサービスを頻繁に利用する場合は、標準で最大10Mbpsという上り(アップロード)速度がやや気になるかもしれません。モバイルメインだとそこまでサイズの大きなファイルをやりとりしないかもしれませんが。

WiMAX ノーリミットモード

速度制限無しで使える、従来のWiMAX回線。「Speed Wi-Fi NEXT WX02」などが対応していますが、標準がWiMAX 2+へ移行しているため、未対応のルーターが増えつつありつつあります。

WiMAX 2+ ハイスピードモード

下り最大220Mbps のWiMAX 2+を利用できる、現在の標準モード。標準なので、どのルーターも対応しています。

au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード

auの4G LTEも使えるモード。高速かつより広範囲でインターネットを利用可能なこのモードを設定した月は、別途LTEオプション料1,005円/月がかかります。

対応エリア

WiMAX への加入を決めても、自分の住んでいる地域、利用したいエリアが範囲外だった。なんてがっかりすることがひょっとするとあるかもしれません。申し込む前に、公式サイトで「サービスエリア」を確認しておくようにしましょう。

といっても、WiMAXの全国実人口カバーは1億人、屋外基地局の設置は20,000局を達成し、全国区で利用が可能です。全国政令指定都市の実人口カバー率は 99% 以上になっています。田舎や山間部ではまだ弱い面もあるものの、サービスエリアは日々拡充されており、品質向上が行われています。

出張や旅行などでエリア圏外へ行くという場合には au 4G LTE を選ぶという選択肢も。

au スマートバリュー mine 対象

au スマホ/au ケータイユーザーが WiMAX を契約すると、auスマホ等の利用料金が最大934円割引される「au スマートバリュー mine」を利用することができます。

WiMAXのルーターを購入した後で au ショップやカスタマーセンターに連絡して申請しなくてはならないのがちょっと手間ですが、au ユーザーであれば通常よりもう少し通信料金を抑えることができます。

WiMAX 2+ の特徴まとめ

  • 下り最速220Mbps(一部110Mbps)
  • 回線工事不要で、すぐに始められる
  • 「Flat ツープラス ギガ放題」は月間データ量の上限無し
  • 3日で3GB以上を使った場合には翌日昼ごろから速度制限がかかる。ただし規制はゆるく、日常利用はできる。
  • auスマホ/auケータイユーザーならさらにおトクに

WiMAX のプロバイダはUQ公式の他にも、ニフティSo-netなど複数あります。今ならBroad WiMAXが、Web割で初期費用全額割引のキャンペーンが実施中。さらにこの初期費用があることで割安となっている月額利用料もそのままというおトクな価格になっています。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly