KDDIは31日、海外でも日本と同じようにデータ通信を利用可能になる「世界データ定額」を、iOS/Androidデバイス向けに、2016年8月より開始すると発表しました。

1日980円の料金で、利用者が日本で加入しているデータ定額プランの容量を、日本人の海外渡航先約7割にあたる海外32の国と地域でも使えるようになります。

「世界データ定額」は、海外でのデータ通信利用にあたって、利用者からの「高額な料金がかかるイメージがある」「いくら使ったかわからず不安」「設定方法がわからない」等の声に応える形で実現した、海外データ定額サービス。

渡航先で、利用したくなったタイミングから開始でき、24時間経過後に自動的に終了となるため、思わぬ高額を請求されるリスクを減らす事ができます。

また、サービス開始に伴って簡単な操作で使える「世界データ定額」アプリもリリース。利用開始と利用時間がわかりやすく、海外での快適なデータ利用をサポートし、国内と変わらないデータライフを体験できるということです。

なお、auの国際ローミングサービスの総称であるサービス名「GLOBAL PASSPORT (グローバル パスポート)」は、「世界データ定額」提供開始に伴って、5月31日より新名称「au世界サービス」へ名称が変更となります。

世界データ定額

「世界データ定額」は、980円/24時間の利用料金で、日本で加入しているデータ定額プランの容量から利用できるサービス。専用アプリ、もしくはウェブブラウザで利用開始を選択してからデータ通信サービスが開始となり、24時間経過すると自動終了します。

サービス対象の国・地域

北米:アメリカ (本土)、アメリカ (アラスカ)、カナダ
アジア:韓国、台湾、タイ、香港、シンガポール、マレーシア
オセアニア:ハワイ、オーストラリア、ニュージーランド、クリスマス島
ヨーロッパ:ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、オランダ、スペイン、ベルギー、オーストリア、チェコ、スロバキア、スイス、ルクセンブルク、サンマリノ、バチカン、リヒテンシュタイン
中南米:プエルトリコ、米領バージン諸島
アフリカ:カナリア諸島、スペイン領北アフリカ

世界データ低額の利用方法

  1. 事前準備。「世界データ定額アプリ」をダウンロードし、使用するスマートフォンの設定からデータローミングをONにします。
  2. 利用開始。渡航先にて、「世界データ定額アプリ」もしくはウェブブラウザを立ち上げ”利用開始”をタップし開始します(利用開始をタップするまでは、データ通信量は発生しません)。
  3. 利用中の表示。「世界データ定額アプリ」もしくはウェブブラウザからいつでも残り時間を確認可能。
  4. 24時間経過後。自動で終了。再度利用する場合、2の操作を行う。

利用条件

データ容量の追加購入を行ったり、各種データサービスの利用が可能になる「データチャージオプション(無料)」への加入が必要です。「データチャージオプション」へはデータ定額やLTEフラット、シニアプランなどに加入しているユーザーが加入できます。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly