『Miitomo(ミートモ)』に続く任天堂のスマホアプリに採用された、『ファイアーエムブレム』と『どうぶつの森』。

任天堂とDeNAそれぞれから決算報告の中で発表され、ゲームアプリとして2016年秋にリリース予定であることが明らかになっていますが、これら2タイトルの料金体系も基本プレイ無料のいわゆるF2P(任天堂的に言えばフリー・トゥ・スタート)になると報じられています。

これはDeNAの守安功社長が明らかにし、任天堂の担当者からもこの情報が正しいとものであると確認がとれたとしてウォール・ストリート・ジャーナルが伝えているもので、秋に配信予定のスマホ版『ファイアーエムブレム』と『どうぶつの森』も、『Miitomo』と同じく無料でDL可能になるということです。

2016年秋にリリース予定のこの2タイトルは、コミュニケーション要素が強い『Miitomo』とは異なり、純粋なゲームアプリとして開発。君島社長は決算説明会で、「お客様それぞれの楽しみ方ができ、当社のビジネスにも結びつくゲーム内容になる予定」だと説明していました。『どうぶつの森』に関しては、ゲーム専用機向けのタイトルと何らかの形で連携するとも。

両シリーズは、登場キャラクターやアイテムなどが非常に豊富。課金のタイミングは色々考えられそうですが、どんな内容で登場してくるでしょうか。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly