日本国内では3月17日にスタートした、任天堂初のスマートデバイス向けアプリ『Miitomo(ミートモ)』や新たな会員プログラム「My Nintendo(マイニンテンドー)」が31日、欧米でもサービス開始。任天堂はワールドワイドで新たな一歩を踏み出しました。

『Miitomo』は、自身の分身となるアバターMiiからの質問に答える形で、間接的にフレンドの興味関心等を知ることができるコミュニケーションアプリ。任天堂初のスマホアプリということもあって注目度は高く、3日で100万DLを突破するなど、ひとまずは成功といえる立ち上がりとなりました(デバイスによっては、エラーも少なくないようですけれど)。

「My Nintendo」の方は、昨年終了した「Club Nintendo(クラブニンテンドー)」に置き換わる新たな会員プログラム。ハードやソフト等の購入だけでなく行動に対してもポイントが貯まるようになり、貯まったポイントは様々なデジタルコンテンツと交換が可能です。

交換可能なリワード(ギフトと呼ばれています)がデジタルコンテンツばかりの現状は、以前のクラニンと比べるとやや寂しくなってしまった印象があります。でもまあ始まって間もないですし、これからの拡充や入れ替えを期待したいところです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly