KDDIは1日、スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)と組み合わせて利用できるデータ定額サービスに、最安となる1GBの「データ定額1」を新設すると発表しました。

このプランを利用した場合、auスマホの月額料金は4900円となります。提供開始は2016年3月が予定。総務省から要請されているライトユーザー向けの料金プランが大手3キャリアから出揃いました。

KDDIが新設するauスマホ向けプランは、月額1700円で5分以内の通話が24時間かけ放題となる「スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)」と組み合わせて利用するデータ定額サービス「データ定額」に、最安となるプラン「データ定額1(1GB)」(月額2900円)を追加するというもの。スーパーカケホと組み合わせられるプランはこれまで「データ定額3(3GB)」が最小で、合計した月額利用料金は6200円からでしたが、1GBを選択することで月額4900円から利用可能となります。

スーパーカケホ + データ定額1

また、ネットとのセット割引である「auスマートバリュー」を使えば、この4900円からさらに934円が割り引かれ、最大2年間、月額3966円から利用可能となります。

スマホを気軽に始めてみたいけど料金が(でもMVNOはちょっとよくわからないし3大キャリアの方が安心)という初心者の方や、Wi-Fiが利用可能な環境にいる時間の多い人にとっては良いプランとなりそうです。

ソフトバンクやNTTドコモは

他社の動向を見ると、ソフトバンクは今回KDDIから発表されたものと同じく、スマホが月額4900円から利用可能となる1GBプランを1月に発表済。4月から導入するとしています。NTTドコモはデータ量をわけあえる「シェアパック」に5GBプランを3月から導入。家族皆で使えば1人あたりの料金が5000円未満となるプランとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で