Jリーグトップパートナーのコロプラは15日、Jリーグ公認のサッカーアクションゲーム『激突!! Jリーグ プニコンサッカー』を2016年春に配信すると発表しました。対応プラットフォームはAndroid/iOSで、料金はアイテム課金制。

『プニサカ』は、コロプラが独自に開発したインターフェイス「ぷにコン」を採用し、指1本で自由自在にドリブルでき、フリックでパスやシュートを選択する、手軽に本格的なアクションサッカーが楽しめるとの触れ込み。

データはJリーグ監修のもと、J1クラブに所属する現役サッカー選手たちが実名で登場。選手やユニフォームも忠実に再現されており、2016年開幕時には最新データへのアップデートも予定されています。

なお、収録されるJリーグ選手は2015年11月20日時点のもので、Jクラブの意匠は2015シーズンのもの。パラメータはデータスタジアムが作成・分析したJリーグのデータに基づいて設定されるとのこと。

昨年の契約時に言われていた公認ゲームが遂に発表。“最新データへのアップデート”で、昇降格が反映された2016シーズン版に更新されるのかどうか。トップパートナーとして出すゲームである以上は、J1の18クラブだけでなく、せめてJ2を含めた40クラブまでは対応してもらいたいところでもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で