KDDIは19日、スマートフォンに関する様々な災難を予報する「ニッポンのスマホ災難予報」(スマホ災難予報)を、期間限定サービスとして公開しました。

「スマホ災難予報」は、日々のスマートフォンのご利用時に遭う可能性がある「紛失」「破損」「水没」という3つの災難を「スマホ災難」と定義し、1日ごとに「スマホ災難」に遭う可能性の指数を割り出して、「ニッポンのスマホ災難予報」として公開するもの。2015年11月19日から12月28日まで、専用サイトにて毎日予報が更新されます。

過去のスマホ災難件数と天候データや人々の行動データ、時事ニュースに対する人々の反応、スマホ災難が発生しやすい場所・場面データを照らしあわせて、毎日の「紛失」「破損」「水没」発生率を算出。独自のアルゴリズムで予測し、毎日指数が公開。

リスクレベルは「通常レベル」(指数59以下)、「注意レベル」(指数60~89)、「警戒レベル」(指数90以上)の3段階で表示。数字だけでなくイラストと文章で、スマートフォンに起こりうるスマホ災難の注意喚起を図ります。

たとえば、ボージョレ・ヌーボーが解禁となる19日はスマホなくし指数が「92」と高め。解禁日は飲み過ぎ、はしゃぎすぎで、毎年スマホの紛失が頻発しているのだとか。水浸し指数は「81」で注意レベル、壊し指数は「40」で通常レベルとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で