KDDIは28日、10月29日よりauのスマートフォン向け定額サービス「auスマートパス」の新機能として「地震情報・気象警報」を通知する機能の提供を開始すると発表しました。

KDDIでは2011年6月より、すべてのauユーザーを対象に「緊急速報メール(「緊急地震速報」、「津波警報」、「災害・避難情報」)」を提供していますが、今回スマートパス会員向けに、新たに「地震情報」と「気象情報」の提供が追加。

この機能を利用することで、アプリ上でユーザーが予め設定した地点において、震度4以上の地震が観測された場合、あるいは大雨や暴風警報などの気象警報が気象庁から発令された場合に、関連する情報が利用中のスマホの待受画面上にプッシュ通知されます。自分のいる現在地の情報を知ることができるだけでなく、家族であったり友人のいる離れた地域など、指定した地域の災害情報をタイムリーに知ることができるようになります。

これまでは「auスマートパス」のポータルサイト画面上に情報が掲載されており、サイトにアクセスする必要がありましたが、プッシュ通知に対応することで情報に素早くアクセス可能に。

なお「auスマートパス」アプリでは、追加される「地震情報」「気象警報」の他にも、設定地点への急な降雨予報を通知する「雨雲アラーム」や、設定した路線の遅延を通知する「鉄道運行情報」が配信されています。

auスマートパス、「地震情報・気象警報」通知機能

対象:auスマートパス 会員(無料お試し期間中を含む)
提供開始日:2015年10月29日(Android)** iOS版に関しては2015年11月上旬を予定。

配信内容

  • 震度4以上の地震が発生、観測された場合
  • 気象警報が発令された場合 (大雨/洪水/暴風/波浪/暴風雪/大雪/高潮の7種類)

「auスマートパス」アプリのプッシュ通知機能 (配信内容の自動表示) を利用して、あらかじめ設定した地点 (最大3カ所) の情報を、自動的にスマートフォンの待受画面上に通知。

同様の機能を利用できるアプリは他にもありますが、auスマートパス利用者にとってはサービスがより便利になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で