何もしていなくても、毎月決まった支出が発生する固定費。食費や衣服費、趣味・娯楽などに使うお金(変動費)を節約すると、毎日つらいストレスの溜まる思いをしなくてはなりませんが、固定費の削減は毎月の支出の無駄を減らす見直しなので、一度削減すると支出が減少した状態が続き、家計の負担軽減が長続きします。

余裕資金(変動費)を多く作るために、見直すべきは固定費です。せっかくFP資格を取得したので、自宅の固定費節約について考えてみました。

毎月、定期的に出ていく固定費を見直す

固定費の代表格は家賃や住宅ローン、生命保険、自動車関連、携帯電話・インターネット等の通信費、スポーツクラブ代、雑誌などの定期購入、サブスクリプションサービス、銀行・クレジットカードなど。

「節約」というと、外食や日々の食費、衣服費などを我慢しようと考えがちですが、これらは禁欲的な行動を強いることになるので、ストレスが溜まりつらい思いをします。その反動で衝動的な買い物に走ればそれまでの努力も無駄に。その点、固定費は一度削減すると、我慢や無理をせず下がった状態が続きます。

毎月の支出で、大きなウェイトを占めているのが住居費。賃貸の場合は、長く住んで建物が古くなったり、周辺に新しいマンションが建つなどした場合、住んでいる部屋の家賃が下がることがあります。契約更新時などに家賃交渉を行うと大家さんが応じてくれることも。月に5000円、1万円と安くなったとしたら、年間で6万円、12万円節約できる計算です。

→ 引っ越しをして毎月の負担が軽減しました。

持ち家で住宅ローンが残っている場合、借り換えを検討してみるのもいいかもしれません。長期的に見て節約できるかが大切で、住宅ローンの場合は最終的に数百万円の差が出てくることもあります。

保険料を見直す

毎月結構な額を払うのに、将来不安からなんとなく契約していることが多いのが生命保険。そもそも保険が今の自分に本当に必要なのかどうか、金額だけでなく見直してみることが大切です。

自動車関連

公共の交通機関が発達している大都市圏で暮らしている場合、自家用車が無くて困る場面はそう多くありません。レンタカーだけでなく最近はカーシェアリングサービスも増えてきて、必要なときにだけ利用することもより気軽にできるようになりました。ただ車は人によっては単なる移動手段ではなく、趣味や娯楽、あるいはそれ以上のものだったりもします。

家電

電気代を節約するため、出かける際にはコンセントを抜いていく。家族で出かけるときに母さんがよくやっていた懐かしの行動ですが、最近では古い家電を買い換えることが電気代の節約になる時代となりました。

家電を買い換えるコストはもちろんかかります。ただ電球をLEDに変えたり、使用時間が長い冷蔵庫やテレビ、エアコンを一昔前のモデルから現在のモデルに交換することで、それだけで消費電力を抑えることができます。大型家電は一度買うと数年は買い換えることはありませんが、その間に大きく進化してます。

我が家では、冷蔵庫をこれまでよりも大型のものに買い替えたのに、かえって電気代が安くなりました。

通信費

スマートフォンに家庭のインターネット。月の支払いが数万円になることも珍しくなくなったこの分野ですが、それだけに見直しを考える余地があります。スマホの場合、携帯電話会社各社の現在の料金プランは、データ通信量に依ることがほとんど。月々のパケット使用量を確認し、もし利用量に対してプランのデータ容量が大きすぎるのであれば、下のプランを検討するといいでしょう。

家族で月のデータ容量を分け合えたりもしますから、「月々の費用を抑えたい」と、ショップの窓口で相談してみるといいかもしれません。ただ注意したいのは、携帯電話会社の人も営業だということ。不要なオプションを解約・退会してくれる一方で、別のオプションを勧められることも。うっかり加入してしまわないよう慎重に検討しましょう。

キャリア縛りのサービスをそれほど利用していないなど、大手へのこだわりが薄のであれば、格安スマホへ乗り換えることで通信費をグッと抑えることができます。

→ 実例では、月3GB利用で7000円〜1万円程度だったスマホ料金が、格安スマホへ乗り換えることで2000円程度まで抑えられるように。毎月これだけ下がると家計も助かります。

家庭用の固定回線は、どうしても5000円前後かかってしまいますが、UQ コミュニケーションズの WiMAX やポケットWiFiのような持ち運びできるモバイル Wi-Fi ルーターを活用すると、自宅用とスマホ用のデータ通信を一挙に賄うことが可能です。ただモバイルルーターの場合、使用量によって速度制限がかかります。Hulu や Netflix、Amazonビデオ、U-NEXT、DAZNなど動画配信サービスを利用している場合は避けたほうがいいかもしれません。

→ 自宅のインターネットサービス利用状況に応じて変更を。

サブスクリプションサービスを見直す

スポーツクラブや雑誌の定期購読、動画・音楽のサブスクリプションサービスなど、加入しているもののあまり利用していない、あるいは全く使ってないサービスはありませんか。まずは今後も利用するかどうかを考え、そうでなければ代替の方法を調べたり、一度解約・退会を含めた検討をしてみましょう。スマホの少額決済も積み重なるとばかになりません。

惰性で加入しているかなと感じたら、一度解約してみるのも手です。意外と影響が出なかったりもします。

→ 特定の雑誌を1つ1つ定期購読するのを止め、複数誌を読める読み放題サービスに加入し支出を削減。

電力会社を選ぶ

2016年の4月以降の「電力自由化」によって、電力会社を自由に選べるようになりました。もし、毎月の電気代が高いと感じているのであれば、電力会社の乗り換えを検討してみるのもいいかもしれません。月々の支払額はそれほど大きく変化しませんが、生活スタイルにあった電力会社があれば、一度変更すると毎月安いまま利用できます。たとえば電力会社を乗り換えて毎月500円、1000円違ってくるだけでも、単純計算で年間では6000円、12000円の差が出ます。

→ ちなみに我が家は、WALLET ポイントが貯まる au の au でんきに加入。従来から少し安くなっただけでなく、さらに最大5%分のポイントが毎月貯まります。

固定費はクレジットカードで支払う

固定費の支払いは、ポイントの貯まりやすいクレジットカードで払うようにすると、より安くすることができます。我が家は楽天カードを支払い用のカードとして使っていますが、毎月の支払い100円毎に1ポイントが貯まります。毎月10万円の支払いがあるとしたら、1000円分のポイントが還元されます。

微々たる額ですけれど、切り替え手続きは1度で済み、後はずっとポイント還元が続きます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で