iOS 11.0 や macOS High Sierra から Apple が実装した、「Intelligent Tracking Prevention(ITP)」という Safari のセキュリティ機能。「サイト越えトラッキングを防ぐ」というオプション機能として提供されており、トラッキング目的の Cookie を、一定時間経過後に利用制限あるいは消去するものです。

ITP の対象に指定されると、24時間経過でユーザーのトラッキングが出来なくなってしまうため、行動履歴を計測したり、広告のコンバージョン計測ができなくなるなどの影響があります。

ポイントサイトも ITP の影響を受けるサービスの1つで、「サイト越えトラッキングを防ぐ」機能がオンになっていると、現状「au WALLET ポイントプログラム」のポイントが貯まらない場合があるそうです。行動を追えないので、成果対象外になるケースが発生します。

「サイト越えトラッキングを防ぐ」のオン/オフを確認する方法

iPhone や iPad など iOS 端末の OS を、iOS 11.0 以上にアップデートしている場合、「サイト越えトラッキングを防ぐ」はデフォルトの状態でオンになっています。

そのため、「au WALLET ポイントプログラム」サービスを利用してポイントを貯めたい場合、設定をオフにしておく必要があります。「サイト越えトラッキングを防ぐ」のオン/オフ確認は iOS 「設定 > Safari > プライバシーとセキュリティ」から。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で