楽天証券が発表していた、「楽天スーパーポイント」による投資信託の買付サービス。貯まっているポイントで投資信託を買えるという、ポイントが現金並の価値を持つことになる画期的なこのサービス。今夏開始予定とされていましたが、いよいよ8月26日よりサービスが始まるようです。

いよいよ楽天スーパーポイントで投資信託を購入可能に

楽天証券は10日、先日発表していた楽天スーパーポイントを投資信託の買付もしくは買付代金の一部に充てることのできる国内証券会社としては初となるサービスを、2017年8月26日より開始すると発表しました。

楽天証券では投資信託を100円から購入できる「100円投資」もはじめており、初心者でも投資を始めやすい環境づくりを積極的に行っています。

楽天スーパーポイントの利用可能上限は、1注文につき3万ポイントまたは1ヵ月10万ポイント。1ポイント1円から利用することができます。また、楽天証券の各種キャンペーン利用で貯まる「楽天証券ポイント」も買付代金に充当することが可能です。

楽天スーパーポイントの利用上限

  • 3万ポイント / 1注文
  • 10万ポイント / 1ヵ月

※楽天証券ポイントは利用上限なし。

ポイント利用単位:1ポイント1円から利用可能
投資信託買付単位は、各銘柄の最小買付単位に準ずる(100円以上1円単位〜)

対象銘柄

楽天スーパーポイントを使って購入できるのは、MRFや当初募集期間中の銘柄を除いた楽天証券が取り扱うほぼすべての投資信託。積立買付や口数指定買付、ジュニアNISA口座での買付は対象外で、金額指定の通常買付のみにはなりますが、日経225のインデックスファンドから米国、中国、新興国のファンドまで投資先を選べて、月最大10万ポイントまで(まあ毎月ここまで貯まる人もそういないでしょうけれど)を使うことができます。

期間限定ポイントでは購入できません

期間限定ポイントや他のポイントから交換した楽天ポイントは投資信託の購入に使うことはできませんのでご注意を。またコンビニなどで購入できる楽天ポイントギフトカードも、期間限定ポイント扱いなので、今回の投信購入に利用することはできません。

楽天グループならではの強みを生かした新たなサービスがいよいよ8月26日から開始。「100円投資」によって多くの銘柄の最小購入単位は100円に引き下げられているので、余っている数百ポイントから資産形成の第一歩を踏み出すことが可能となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で