ユニー・ファミリーマートホールディングスは4日、「ファミリーマート」へのブランド変更を進めているコンビニエンスストア「サークルKサンクス」各店舗において、8月より「Tポイント」を導入すると発表しました。現在サークルKサンクスで利用可能な「楽天ポイント」は、9月30日をもってサービス終了となります。

ファミマ、サークルKサンクスに「Tポイント」が導入

2018年8月末までに、サークルKサンクスのファミマへのブランド統一を進めているユニーファミマHD。まだその最中ではありますが、それに先立って、残るサークルKサンクス店舗で利用できる共通ポイントサービスが変更に。

8月より「Tポイント」が導入され、「楽天ポイントカード」は廃止の流れとなります。ただし、9月末までは、希望すれば「楽天ポイントカード」を使えるとのこと。

「Tポイント」は、8月1日〜9月30日まではポイントを貯めたり使ったりするのみで、ファミマTカード会員割引などは10月1日以降に開始予定です。

8月より、ローソンが「楽天ペイ」に対応

なお、8月より全国のローソンが「楽天ペイ」による支払い対応。楽天ペイという条件はあるものの、楽天スーパーポイントをローソンで使ったり貯めたりすることができるようになります。

セブンイレブン → nanaco
ファミマ、サークルKサンクス → Tポイント
ローソン → 楽天スーパーポイント(楽天ペイ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で