2017年8月から全国のローソン店舗で「楽天ペイ」が利用可能に。

楽天とローソンは1日、楽天の楽天のスマートフォンアプリ決済サービス「楽天ペイ」をローソン店舗へ導入することで基本合意したと発表しました。

この契約により、2017年8月より全国のローソン店舗(ローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100を含む1万3169店:2017年4月末現在)が楽天ペイに対応し、買い物で利用できるようになります。楽天ポイントも利用できます。

楽天ペイとは

「楽天ペイ」は、楽天会員IDでログインした専用アプリにより、実店舗で簡単に決済をできるようにするサービスです。楽天会員IDに登録されているクレジットカードと「楽天スーパーポイント」を組み合わせて支払いをすることも可能です。また、「楽天ペイ」アプリで支払うと、「楽天スーパーポイント」を200円(税込)につき1ポイント貯めることができます。

  • ポイント付与:200円(税込)につき1ポイントの0.5%

バーコード表示の支払いにも対応

これまで「楽天ペイ」アプリでの決済方法は、店舗のスマホ・タブレット端末に表示されるQRコードを読み取る「QRペイ」と、ユーザー自身が金額を入力する「セルフペイ」の2種類でした。今回新たに、アプリでバーコードを表示して支払える「バーコードペイ」が追加。全国のローソンで、バーコードの読み取りによる決済が可能になります。

ローソンで楽天ポイントが使える、貯まる

楽天のコンビニ向け取り組みとしては、これまでサークルKサンクスにおいて「Rポイントカード(楽天ポイントカード)」が導入されていました。しかし、サークルKサンクスが「Tポイント」のファミリーマートブランドに統合(18年8月末までに完了予定)。楽天の動向が注目されていました。楽天とローソンが提携する可能性については、その当時から報じられていたもの。Rポイントカードではなく楽天ペイを使う形にはなりましたが、かねてからの報道通り、ローソンと組むことで決着しました。

ローソンの楽天ペイ支払いでは、楽天登録IDによるクレジットカード決済だけでなく、楽天スーパーポイントを利用した買い物も可能となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で