旅行などにピッタリ、『ポケモン』のキャリーケースコレクションが誕生しました。デザインは全4種類。それぞれ機内持ち込みが可能な「約48cm (容量37L)」と「55cm (容量50L)」の2サイズ展開です。

サックスバーからポケモンデザインのキャリーケースが登場

バッグやファッショングッズを展開する東京デリカのサックスバーとコラボした、『ポケモン』のキャリーケースコレクションが誕生。

「大人ポケモン」をコンセプトに、ジェンダーレス&エイジレスを意識して製作された今回のキャリーケース。旅行時はもちろん、ビジネスパーソンの出張でも活用できるよう、スタイリッシュなテイストに仕上がっています。ポケモンアイテムは今後も展開予定とのこと。

デザインは4種類、2サイズ展開

デザイン・カラーは、ピカチュウがエンボス加工でデザインされた「イエロー -エンボス-」、ピカチュウの尻尾が大きく描かれた「イエロー -ピカチュウテール-」、ピカチュウ・モンスターボール・ピカチュウの足跡のシルエットを配置したモノグラム風デザインの「ブラック」、ピカチュウなどおなじみのポケモンたちのシルエットがカモフラージュ風に配置された「ネイビー」の計4種類。

サイズは機内持ち込みが可能な「約48cm (容量37L)」と「55cm (容量50L)」の2サイズ展開。「イエロー -エンボス-」モデルのみ、容量がやや小さく「33L」「46L」となっています。

インナーは両側にクロスベルトやファスナー仕切り幕がついて、荷物の固定や仕分けがしやすいデザイン。内布にはポケモンのロゴもはいっています。

モンスターボールをデザインしたオリジナルネームタグも付属します。

大人男子がイエローを利用するにはちょっと勇気が要りそうですが、ブラックとネイビーは落ち着いたデザインでいい感じ。

ボディは軽量で耐久性に優れているポリカーボネイト複合樹脂が使用。キャスターは360度回転4輪式キャスターで、なめらか快適に運ぶことができます。ハンドルはスタイルに合わせて高さを3段階に設定が可能。

キャリーケース サイズ選びのコツ・目安

まずは自分の身長・体格にあったサイズを選ぶこと。大は小を兼ねるとよく言いますが、たくさん入るからと必要以上に大きすぎるものを選んでしまうと、重くなって階段や坂道、ちょっとした段差などでも移動が大変です。身体に合っていない場合、肩や腰に負担がかかってしまいます。

キャリーバッグ選びで、容量の目安は「使用日数×10L」程度と言われています。今回の「ポケモン キャリーケース」の場合は、機内持ち込みが可能な48cmタイプが37L、55cmタイプが50Lということで、約2〜3日の旅行などには48cmタイプが、3〜5日程度の旅行には55cmタイプがオススメということになります。

ポケモン キャリーケース
メーカー: サックスバー
発売日: 2017-4-29
サイズ: 「約48cm (容量37L)」「55cm (容量50L)」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で