週刊モーニングで連載中のサッカー漫画「GIANT KILLING」。各話の感想やあらすじを“今週のジャイアントキリング”としてまとめています。パート3は198話から297話まで(21〜30巻分)。達海と同じサッカー勘を持つというサックラー率いる山形との対戦や揺れるサポーター問題、椿のU-22代表選出、そして達海の引退試合などが収録。

GIANT KILLING(21) (モーニングKC)

GIANT KILLING 21(発売日: 2011年10月21日)
試合中のシステムの変更!!それは流れも勢いも変えるリスキーな選択。監督だけが振り下ろせる、諸刃の剣。モンテビア山形の監督・佐倉が起用した“小森システム”。達海はそれを事前に予測し対応していたが、あるアクシデントによって状況が一変、防戦一方になってしまうETU!!キョロキョロと落ち着き無い達海だが……窮地を打開する策はフィールドに転がってるみたい!?

#198 | #199 | #200 | #201 | #202 | #203 | #204 | #205 | #206 | #207
vs.モンテビア山形(第20節)

GIANT KILLING(22) (モーニング KC)

GIANT KILLING 22(発売日: 2012年01月23日)
達海と佐倉の知略を尽くした闘い、決着!!モンテビア山形戦、最終局面!!残り時間わずか、勝利の女神が微笑むのは……!?――最後の切り札・ガブリエルは送り込まれた!達海が託した、謎のサインとともに――。ゲームは再び沸きかえり、知略をめぐらした戦いは、劇的なフィナーレへ!!そして次戦、厄介なスポンサー様が観戦するまたまた大変な試合になりそうで……。

#208 | #209 | #210 | #211 | #212 | #213 | #214 | #215 | #216 | #217
vs.モンテビア山形(第20節)
vs.川崎フロンティア(第21節)

GIANT KILLING(23) (モーニング KC)

GIANT KILLING 23(発売日: 2012年04月23日)
取られたら取り返せ!川崎の攻撃的サッカーに、ガチンコで挑む!!おまえら、打ち合う覚悟は出来ているか?--ETUのスポンサー・大江戸通運の副社長が観戦する中、強豪・川崎フロンティアと激突!選ばれたお互いのスタメンは、奇しくも攻撃的メンバー揃い!守りも大事なんだけど……打ち合いでは、絶対負けたくない!!怯まず弛まず、攻めて攻めて攻めまくれ!!!

#218 | #219 | #220 | #221 | #222 | #223 | #224 | #225 | #226 | #227
vs.川崎フロンティア(第21節)

GIANT KILLING(24) (モーニング KC)

GIANT KILLING 24(発売日: 2012年07月23日)
達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トーキョー・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」! 強豪川崎戦も終盤! 激しい点の奪い合いに決着がつく。試合を決めるのは誰だっ!?

#228 | #229 | #230 | #231 | #232 | #233 | #234 | #235 | #236 | #237
vs.川崎フロンティア(第21節)

GIANT KILLING(25) (モーニング KC)

GIANT KILLING 25(発売日: 2012年10月23日)
本領発揮する!!! 達海がいなくなり崩壊した、かつてのETU。ユナイテッドスカルズはその絶望の時期から、選手を信じて叫び続けてきた。今、不信感からフロントに詰め寄る羽田たちの前に、天敵の達海も現れ……一触即発!!

#238 | #239 | #240 | #241 | #242 | #243 | #244 | #245 | #246 | #247
vs.ジェム千葉(第22節)

GIANT KILLING(26) (モーニング KC)

GIANT KILLING 26(発売日: 2013年1月23日)
リーグ6位と好調なETUだったが、千葉のミルコビッチ監督の策略に前半は手も足も出ず、ゴール裏ではサポーター同士で不穏な空気が渦巻いていた。だが後半、達海が繰り出すポジションチェンジと、田沼ゴローの一大決心で、ETUは新たな形を見せる!

#248 | #249 | #250 | #251 | #252 | #253 | #254 | #255 | #256 | #257
vs.ジェム千葉(第22節)

GIANT KILLING(27) (モーニング KC)

GIANT KILLING 27(発売日: 2013年4月23日)
ジェムユナイテッド千葉との激戦を終え、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)は次なるステージへ!! そんななか発表されたU-22五輪最終予選代表には意外な選手の名が……!! そして、連戦続く真夏のクラブハウスに、謎の来訪者が現れる!? クラブに関わる者たちが同じ方向を向けばその先に、若き才能の花が咲く。

#258 | #259 | #260 | #261 | #262 | #263 | #264 | #265 | #266 | #267
vs.ジェム千葉(第22節)
vs.サンアロー広島(第23節)

GIANT KILLING(28) (モーニングKC)

GIANT KILLING 28(発売日: 2013年7月23日)
さあ、世界に日本サッカーの可能性を見せてやれ! 未知の潜在能力(ポテンシャル)を秘めた、若武者たち!! 集うU-22五輪日本代表。――代表に選ばれ、達海の荒っぽいメッセージに送り出される椿と赤崎。代表合宿で椿は「日本国民の代表」という重圧を改めて感じ始める。ところが……ある選手との再会で気負う気持ちが解き放たれて……。

#268 | #269 | #270 | #271 | #272 | #273 | #274 | #275 | #276 | #277
vs. U-22ウズベキスタン代表(五輪最終予選)
vs. 鹿島ワンダラーズ(ジャパン杯準々決勝)

GIANT KILLING(29) (モーニングKC)

GIANT KILLIG 29(発売日: 2013年10月23日)
椿と赤崎がU-22五輪日本代表の重責から解放され、ようやくETUに合流! ところが、ジャパンカップでの連敗を引きずってか、チームの雰囲気はなんだか微妙。なぜか達海も、明確な改善策を講じない……。チームもまわりも何か違和感を抱えたまま、アウェーの浦和戦に突入してしまう。

#278 | #279 | #280 | #281 | #282 | #283 | #284 | #285 | #286 | #287
vs. U-22カタール代表(五輪最終予選)
vs. 鹿島ワンダラーズ(ジャパン杯準々決勝)
vs. 浦和レッドスター(第24節)

GIANT KILLING(30) (モーニングKC)

GIANT KILLING 30(発売日: 2014年1月23日)
浦和との戦いに敗れ、公式戦で3連敗を喫してしまったETU。達海は全く動こうとせず、だが静かに燃える眼差しでその敗戦を見守っていた――。翌日、選手たちの前でなされた重大発表。自身の「現役復帰」によって達海は新たなる問いを突きつける!

#288 | #289 | #290 | #291 | #292 | #293 | #294 | #295 | #296 | #297
vs. 浦和レッドスター(第24節)
達海の引退試合(練習中のミニゲーム)

  • MORE