週刊モーニングで連載中のサッカー漫画「ジャイアントキリング」。各話の感想やあらすじを「今週のジャイアントキリング」として纏めています。パート2は98〜197話、単行本でいうと11〜20巻分ですね。前半戦の締めくくりとなるヴィクトリー戦やオールスター、10年前のETU、そして後半戦を乗り切るための夏キャンプへと続いていきます。

今週のGIANT KILLING 11〜20巻分

GIANT KILLING(11) (モーニングKC)

GIANT KILLING 11(発売日: 2009年7月23日)
雨の川崎戦、決着!! ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)名物スカウトも視察!? ピッチの中にもピッチの外にも、クラブのために全力で闘うやつらがいる!! 信じきる力! それが監督の才能だ!! 雨の激闘、川崎戦。押し込まれながらも粘るETU。“クラブ”をよく知るベテラン陣が、底力を発揮する! ドッシリと動かない達海の信頼に、選手が応える番だ!!

#98 | #99 | #100 | #101 | #102 | #103 | #104 | #105 | #106 | #107
vs川崎フロンティア(第13節)

GIANT KILLING(12) (モーニングKC)

GIANT KILLING 12(発売日: 2009年10月23日)
不振にあえぐ東京ヴィクトリー、名門としての存在理由の危機! 名門クラブの選手でいる覚悟はあるか? シーズン中盤の大一番、東京ダービー開幕! 平泉は、あえて動かない。達海のしかける策が、東京Vの弱点を明らかにしようとも――。名門クラブの一員であるという選手たちの誇りが、チームを変えるそのときを待っていた!

#108 | #109 | #110 | #111 | #112 | #113 | #114 | #115 | #116 | #117
vs東京ヴィクトリー(第17節)

GIANT KILLING(13) (モーニングKC)

GIANT KILLING 13(発売日: 2010年1月22日)
東京V(ヴィクトリー)に1点リード! しかし、目覚めた王者の猛攻に受け身一方になるETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)!! 耐えて耐えてその先に、勝利をつかむことができるの……か? ……そして新たなる展開、オールスター編へ突入!! 日本人選抜vs.外国人選抜、MVPの栄冠(高級RV車付き!)は誰の手に!?

#118 | #119 | #120 | #121 | #122 | #123 | #124 | #125 | #126 | #127
vs東京ヴィクトリー(第17節)
オールスター

GIANT KILLING(14) (モーニングKC)

GIANT KILLING 14(発売日: 2010年4月23日)
夏の祭典(オールスターゲーム)は達海&佐倉の采配が功を奏して日本人選抜チーム勝利で終演! リーグ戦後半に向けて準備をすすめるETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)に石浜移籍の話が浮上……。そして達海は旅人のあの人に会いに――! 選手の“未来”を真剣に考えてみよう! 夏の中断期間、ETUにはひと波乱、ふた波乱! 移籍か残留か? 選手もクラブも監督も頭を悩ます最重要事項!

#128 | #129 | #130 | #131 | #132
#133 | #134 | #135 | #136 | #137
10年前のETU

GIANT KILLING(15) (モーニングKC)

GIANT KILLING 15(発売日: 2010年5月21日)
達海猛(たつみたけし)、監督以前。10年前……ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)は輝きを放とうと、もがいていた。若く卓越した才能ゆえ、チームの歯車は狂っていく――。昔も、今と変わらずフットボールを楽しんでいた達海。その鮮烈なプレーは名門・東京V(ヴィクトリー)をも脅かし、ついに達海専門のシフトを敷かれるほどに。クラブの未来を背負う才能は、高まる周りの期待に何を思う……!?

#138 | #139 | #140 | #141 | #142 | #143 | #144 | #145 | #146 | #147
10年前のETU

GIANT KILLING(16) (モーニングKC)

GIANT KILLING 16(発売日: 2010年7月23日)
10年前のETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)、10年前の達海――完結。夏の中断期間の一大イベント「キャンプ」! 後半戦を戦いぬくための大切な準備期間。達海は選手たちに問いかける。「俺がお前たちにどうなってほしいか?」……さあ、考えてみよう! 人心掌握どころか人心乱す達海のマル秘練習メニュー公開! さらには、謎の男ミスターT率いる大学生チームがETUをコテンパンに!?

#148 | #149 | #150 | #151 | #152 | #153 | #154 | #155 | #156 | #157
10年前のETU、夏キャンプ

GIANT KILLING(17) (モーニングKC)

GIANT KILLING 17(発売日: 2010年10月22日)
現状に満足するな。自分に足りないものを知り、貪欲に成長を求めるとき、チームは急加速で変貌を遂げる!! 夏のキャンプで得たものは、新たな仲間二人と新たな自分たち。スタメンもガラッと変えて挑むリーグ後半戦、緒戦の相手はFC札幌!! ところがどっこい……あの開幕戦の嫌な記憶が蘇る、イヤ~な試合展開に!

#158 | #159 | #160 | #161 | #162 | #163 | #164 | #165 | #166 | #167
夏キャンプ、vs.FC札幌(第18節)

GIANT KILLING(18) (モーニングKC)

GIANT KILLING 18(発売日: 2011年1月21日)
チームが勝ちを重ねていても、突発的な事故は、絶対に避けられない。アクシデントと折り合う術は? 札幌戦後半、村越の大胆なゴールで、モヤモヤした展開を吹き飛ばしたETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)! 夏キャンプの成果が明確に現れた今、一気に流れに乗りたい!! でもでも、落とし穴って意外なトコロに潜んでいるもんなんだよね……。

#168 | #169 | #170 | #171 | #172 | #173 | #174 | #175 | #176 | #177
vs.FC札幌(第18節)
vs.ウィッセル神戸(第19節)

GIANT KILLING(19) (モーニング KC)

GIANT KILLING 19(発売日: 2011年4月22日)
雨のウィッセル神戸戦後半、ようやく椿が目を覚ます! この勢いで盛り返せば、ETUは6戦連続無敗なのだが……!? そして次なる相手は、達海にゾッコンな監督・佐倉率いるモンテビア山形。あれ……? なんだか……やり辛いぞ、このチーム!?

#178 | #179 | #180 | #181 | #182 | #183 | #184 | #185 | #186 | #187
vs.ウィッセル神戸(第19節)
vs.モンテビア山形(第20節)

GIANT KILLING(20) (モーニングKC)

GIANT KILLING 20(発売日: 2011年7月22日)
守れなければ、勝てない。守り続けても、勝利には結びつかない。“堅守”の殻を破り捨て、山形は変貌する!! ETUの猛攻に耐え続けるモンテビア山形。その間、山形の監督・佐倉も考え続けていた――新たなシステムの起用。そのシステムは、達海も事前に気づき恐れていた、山形進化への可能性だった!! 椿も警戒していた、山形の真のゲームメーカーとは?

#188 | #189 | #190 | #191 | #192 | #193 | #194 | #195 | #196 | #197
vs.モンテビア山形(第20節)

  • MORE