GIANT KILLING(9) (モーニングKC)  / ツジトモ、綱本 将也 お盆休みを挟んで2週間ぶりとなったジャイアント・キリング。いよいよ大詰めなvs大阪戦です。
ここんところ毎度書いているような気がしますが。

前回、王子と平賀の対話で、ETUのその作戦が明らかになったわけですが、今回はブラン監督が解説してくれちゃいます。んー、わかりやすい。ところで女性スタッフは秘書さん?

スピードのある7番(椿)と競わせることによって、平賀の体力を奪う。
平賀はハードワークを信条とした選手で、1試合で体力を使い切るような選手。
その性質を利用して、前半から王子がちょうど良いところにパスを供給。
ワンワン追いかけてるうちに気づけば消耗と。

しかも彼はキャプテンマークをつけている選手でもあり、精神的な支柱。そんな選手を、疲れが見えるからといってそう簡単に交代というわけにはいきません。

ソノダ君とのギャグも無くなり、その表情からは笑みが消え、何を思うダルファー監督。ソノダ君は達海が仕掛けた作戦にまだ気が付いていないようだけども、息がぴったりに見えた2人のこのズレも影響が出ますかね。

自分の哲学を貫くのか?それとも、勝利のために折れるのか。
オランダ人ということもあって、己の信念を曲げずに貫いてくる事だろうと思いますが、この沈黙が逆に不気味。このまま黙ってやられっぱなしでは終わらないでしょうよ。

しかし、ダルファー監督が押し黙っている間、ETUの時間は続いていきます。

ドリブルで抜くと見せかけて椿からセリー(世良)へ。
平賀反応できず。
しかしそこは大阪DFがタックルでクリア。FWの一角片山もたまらず守備に回らざるを得ません。

そんな中、ゴローが発注した弾幕。持っているのもなんだし、壁に掛けられないなら自分らで掲げようといよいよお披露目。描かれていた文字は

疾風 椿 7 大介 迅雷

無尽蔵のスタミナとちょっぱやなドリブルがまたもや起点になれるのか、王子から左SBのタンピー(丹さん)と繋いで、そこから中央の椿へ。

この1本をモノにしろよ!椿!!

RUN!RUN!RUN!椿!!・・・といったところで、以下次号!

左にはセリーも居るよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で