「俺達は、どんなときでもチームを見捨てたりはしない。」

ETUコアサポ集団ユナイテッド・スカルズリーダー羽田vs商店街オヤジサポシリーズですが、低迷期に応援せず、離れていた(=見捨てていた)ゴローやシゲとは一緒に応援したくないという強い対抗意識をみせるユナイテッド・スカルズ。

「死んでもあんたらみてえにはならねえよ。”田沼”さん」

しかし、接点は無いはず?の羽田さんは何故かゴローの名を知っている。徐々に低迷していくETU、離れるサポ。それでも俺は応援してきた・・・。この辺の話に絡めて、ゴローやシゲが熱狂的に応援していた、古き良き時代のエピソードもそのうちまたあるかもしれませんね。

試合は後半戦がいよいよキックオフ。
両チームとも前半と同じフォーメーション、交代も無しでスタートです。
代表監督ブラン、後半はもう甘味を食べていないようですが、秘書らと共に達海が仕掛けた作戦を探ります。大阪監督ダルファーは2点リードした前半の展開とチームの状態で余裕のポーズ。既に勝った気でいやがります。名古屋不破監督以上に負けた顔が見てみたくなりますね。

ETU、達海のハーフタイムの支持は、「もっと試合を面白がれ」でした。

まだそういう状態になっていない選手も居ますが、黒田は徐々にハウアーとのマッチアップが面白くなりだしているようです。前半、マークを外してしまい1点取られたものの、そのワンプレー以外ではフィジカルでも負けてませんし完全に抑えていることでノってきているようす。対照的に、自分より小さい選手(しかもスキンヘッド)に思うようにプレーさせてもらえていないハウアーはだんだん苛ついてきているようです。

そんな黒田を松ちゃんはよくやっていると高評価。しかし達海はまだまだこれからだと、見せ場を作ってくれるのはこれからだとポテンシャルにさらに期待しているようです。もしかして、何かファンタジーが待っているんですか?

黒田が感じ始めている手応えを、選手全員が感じてくれることによって、ジャイアント・キリングが、ショー・タイムが始まります。

前半から飛ばして得点を重ねる大阪FW陣とは裏腹に、前半まるで良いところが無かったETUのFW陣。
セリーはいつも通りですが、浦和戦で衝撃の復活ゴールを決めた夏木がスタメンで気負ったのか縮こまってしまっている感じ。(俺はどうなんだ・・・俺は・・・)と自問。

ベンチも含めて選手全員が試合を楽しみ始めたときETUの逆襲が始まる・・・!!といったところで、以下次号!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で